関数をマスターする4~VLOOKUP関数1~

今回、紹介するのはVLOOKUP関数です

関数の中でも一番、良く聞く関数のはずです

 

何故なのでしょうか?

今回は、そこから始めましょう!

1.エクセルは方眼用紙の形をしています

けっして▶や●の形をしていません

正方形や長方形で表を作成する前提になっています

つまり、垂直に集計するか、水平に集計するか、もしくは垂直と水平を組み合わせて

集計するかのどちらかが基本の動きになります

ちなみに、VLOOKUP関数の”V”に注目してみてください

これはVertical/垂直のVです

2.情報は検索されます

エクセル上の方眼用紙で何をするかというと、1と繰り返しになりますが

表の型式にて情報を集計するのです

そして、情報につきものなのは検索です

VLOOKUP関数のLOOKUPに注目してください

これは日本語で”探す”という意味です

 

つまり、エクセルに関連するキーワード、

表、集計、情報、検索

などのいずれにもVLOOKUP関数は深く関わってきます

VLOOKUP関数を使いこなすだけでもエクセルの本質的な面を網羅できます

 

では次回から本格的な解説に入ります

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です