テーブルを作成しよう~解除及び複数テーブルの管理~

テーブルを作成した後、テーブルを解除して、普通の範囲に戻す方法を解説します

合わせて、複数テーブルの管理手法についても解説します

今回、解説の対象となるファイルは、以下の2シートからなるファイルになります

テーブル1
テーブル2

では、どんなテーブルがファイルのどのシートに存在するのか、から解説します

1.テーブル管理

エクセルの画面上、数式タブから「名前の管理」をクリックして下さい

名前の管理

ファイル内にあるテーブルの一覧が見れるようになります

名前一覧

存在するテーブル名に対応した参照範囲の箇所にて、テーブルのシート名(!の前の部分)が分かるようになっています

ちなみに、一つだけ画面左のマークが違うと思います(部門の箇所)

これはテーブルではなく範囲につけた「名前」です

さて、テーブルの中にテーブル1という名称のテーブルがありますが、これはテーブルを作成した時に自動で付けられた名前です

なるべく、テーブルを作成した後は名称を管理し易い名前に変更しましょう!

名称の変更は、テーブルの上のカーソルを置いた後に以下の画面で行います

テーブル名変更

次の箇所のテーブル名を変えるだけです

テーブル名変更欄

2.テーブル解除

記事の冒頭にもあったように、作成したテーブルを解除して普通範囲に戻す方法を解説します

1.で解説した、テーブル名を変更する画面で解除を行います

テーブル解除

「範囲に変換」をクリックし、表示されたダイアログで「はい」をクリックすれば元の普通範囲にもどります

ただ、表の色は元にもどりませんので、注意が必要です

<まとめ>

今回は大きく分けて2点を解説しました

1.名前の管理画面を通じてファイル内のテーブルを一覧で管理する方法

2.テーブルデザイン画面を通じ、作成したテーブルを元の普通範囲に戻す方法

この2点を活用できるようになると、テーブル活用は一段と効率的になります

名前の管理画面とテーブルデザイン画面はうまく活用しましょう!

では、次回はテーブルシリーズのまとめです

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です