テーブルを作成しよう~数式を自動入力~

エクセルで表を見たらCtrl+Tを押してテーブルを作成しましょう

そうすれば、あらゆる作業が自動化できます

今回から2回に分けて以下の問題に、テーブル機能を使って取り組んでみましょう

12

サンプルの行数は見出しを除き、1万もあります

いちいち目で判断して入力していたら日が暮れてしまいますが、

このような作業は日常業務において、意外に多いのではないでしょうか?

・在庫商品の在庫数が○○以上で回転率が××以下の時はランクは▼とする

・部門がAでスマホ経由の時には”スマホ販売”として売上集計する

などなど、例を上げたらキリがないですが、今回を機会に自動化する方法を覚えましょう

まず、いきなり回答から入ります

<解答>

・まず、テーブルを作成する

・条件1の列と条件2の列を組み合わせて複合キーにする(例:AA、ABなど)

・置換表(AA⇒◯)を別途作成し、複合キーを検索値として、VLOOKUP関数により置換表で検索値を置き換える

実際にはVLOOKUP関数にIFERROR関数を組み合わせてます(VLOOKUP関数がエラーの場合は””を出力する) 

とにかくテーブルを前回のように作成しておけば、テーブル範囲内で数式を1行でも入力すれば、たとえ1万行あってもテーブル範囲内の全ての行に数式が反映されます

GIF4

では次回、もう少し詳細に解説します
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です