タイムライン&スライサー

ピボットテーブルはエクセルの重要スキルの一つです

この機能を使いこなせば集計は様々な切り口で行えます

但し、集計の切り口を瞬時に切り替えるのは少々面倒です

実はエクセルには”タイムライン”と”スライサー”という機能があり、この2つを使えば、瞬時に集計の切り口を変えられるようになります。そして何よりエクセル画面の見た目がとても楽しいものになります

今回はタイムラインについて解説します

************************************

1.挿入タブからタイムラインをクリック

ピボットテーブルの上にカーソルを置いて、挿入タブからタイムラインをクリックするだけでタイムラインが表示されます

2.集計単位を変える

右上のボタンをクリックしていけば、時間の集計単位が変わります!

3.デザインをカスタマイズする

自分なりのデザインに変えたいという方は、タイムラインの上にカーソルを置いたままオプションボタンをクリックして下さい(直接タイムライン上からデザインは変えられません)

ここからデザインを変えるには2つ方法があります

➀既存のデザインを選ぶ

②①以外

新しいスタイルを選ぶか?もしくは既存のスタイルを複製してからカスタマイズする方法があります

上のいずれかを選択すると変更画面が出てきます

上の画面で変更を行った後は自分でカスタマイズしたスタイルを選択します(ここが一番ややこしいです)

************************************

いかがでしたでしょうか?

3のデザインのカスタマイズ以外は簡単だったと思います

タイムラインを使うことで、集計の切り口を変える作業が楽になるだけでなく、何より見た目が楽しくなります。ぜひ積極的に活用してみてください

次回はスライサーについて解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です