Power Automate Desktop・逆引き辞典

【シナリオをダウンロードして無料RPA・Power Automate Desktopを体験しよう!】 

 低付加価値の仕事を削減するRPA/ロボティクス・プロセス・オートメーションの市場は以前ほどではないにしろ、確実に増えていっています

*RPA市場規模予測:2020/260億円⇒2021/330億円⇒400億円(出典:ITR「ITR Market View RPA/OCR/BPM市場予測2018」)

コロナ禍によりテレワークやペーパーレスが進展し、低付加価値の仕事を削減する企業ニーズは高まる一方です

但し、この記事の読者の中には、

確かにRPAを覚えたら新たなキャリアを歩めそうだけど・・・自分には難しいのでは・・・

と思われている方もいらっしゃると思います

****** Sponsered Link ******

これだけ知っていれば大丈夫!プログラミング入門以前の基礎知識 3,755人の受講生、点数4.2

****************************

 RPAに取り組まれることを躊躇している方には、このページでぜひ無料のRPAであるPower Automate Desktopに触れてみて頂きたいです

 Power Automate Desktop(以降PAD)はブロック遊びの感覚で操作ができるだけでなく、プログラミングの基本構造である「変数」「繰り返し処理」「条件分岐処理」などが身に付く「おいしい」仕組みになっています

 PADにて「PADを動かすシナリオ」を作成する画面を開くと、下の画像のように画面の左に「PADができること」である「アクション」が並んでいます

アクション

 この記事では手っ取り早くPADの魅力に触れることができるように、PADのアクションを「逆引き辞典」の形でまとめました

それぞれのアクションにはサンプル(メモ帳)が付いていますので、ダウンロードしてみてください

*一部、サンプルが無いアクションもあります

 ダウンロードしたメモ帳の内容は、下のGIF画像のようにPADの画面にCtrl+C、Ctrl+Vで貼り付けて実際にPADの動きを体感してみてください 

*実際にはURLなどの修正が必要なケースもあります

きっと新たな世界が広がると思います!!

もし、どのアクションから始めたらいいか分からない場合には「メッセージを表示」からはじめてみてください

「メッセージを表示」アクションを動かせば手っ取り早くPADの動きを体感できます!

*Power Automate Desktopのインストールがまだの方はこちらの記事を参考にしてください

メッセージボックス

内容詳細
メッセージを表示あらかじめ設定したメッセージを表示する
入力ダイアログを表示入力用のダイアログボックスを表示する
リストから選択ダイアログを表示入力用のダイアログボックス内にて予め設定したリストから選択できるようにする

変数関連

内容詳細
変数の設定変数の名前と中味を設定します
変数を大きくする(小さくする)設定した変数の値を大きくしたり、小さくしたりします

テキスト処理

内容詳細
文字列の切り取り文字列を左から、もしくは文字列の途中から切り取ります
テキストの置換指定文字を指定した内容に置き換えます
空白のトリミング空白を文字列の前後から切り取ります
日付・時間の表示形式の指定日付・時間の表示形式を好みに応じて設定します

エクセル

内容詳細
ファイルを開く新規もしくは既存のファイルを開く
セルの値の抽出(単一セル)単一セルの位置を指定して値を抽出する
セル範囲の抽出(複数セル)複数セル範囲の位置を指定して値を抽出する
セル範囲の選択指定したセル範囲をカーソルで選択する
新たなワークシートの挿入新たなワークシートを指定した名称で指定した位置に挿入する
作業するワークシートの選択作業を行うワークシートをシート名もしくは左からの位置で選択する
セルへの値の書込み指定したセルに値を入力します
最終行+1行の行位置取得指定列の最終行+1行の行位置を取得して、既存データの下に入力が行えるようにします
最終行+1行、最終列+1列の行列・位置取得最終行(+1)に加えて最終列(+1)の位置も取得します
Excelマクロの実行起動したエクセルファイル内のマクロを実行します(引数を渡すことも可能)

メール

内容詳細
メールの送信(OFFICE365)OFFICE365でメールを送信します
メールの送信(GMAIL)GMAILでメールを送信します
ファイルの添付メールを送信する際にファイルを添付します

フォルダ

内容詳細
新たなフォルダの作成指定した位置に指定した名称のフォルダを作成する
フォルダ内の全てのファイル名を取得フォルダ内に存在するファイルのファイル名を全て取得する
特定フォルダーが存在する場合の条件分岐処理特定フォルダが存在する場合に条件分岐処理を行う
フォルダーの中味の移動フォルダの中味を移動先に指定したフォルダーの直下に移動します
サブフォルダーのフォルダ名取得指定フォルダの直下にあるサブフォルダ名を取得します

ファイル

内容詳細
ファイルのコピーファイルを指定したフォルダにコピーします
ファイルの移動ファイルを指定したフォルダに移動します
ファイルの削除指定したファイルを削除します
ファイル名の変更_新ファイル名を手動設定変更後のファイル名を手動で設定します
ファイル名の変更_日時の追加ファイル名に現在日時を加えます
複数ファイルのファイル名に連番を付ける複数ファイルに連番をつけます
特定ファイルの待ち処理詳細はこちらを参照願います

繰返し処理

内容詳細
取得内容で繰り返す/For each取得した複数の内容を、1つづつ処理を行う
回数で繰り返す/Loop事前に変数に処理回数を設定して繰返し処理を行います
条件付き繰返し処理事前に設定した条件を満たしている間は繰返し処理を行います

条件分岐

内容詳細
If文設定した条件に応じて処理を変えられるようにします
Else/その他設定した条件に応じて処理を変える場合に、その他のケースを加えられるようにする
Else If/If文の追加条件を追加する
複数分岐/Switch~Case~複数分岐処理を行えるようにします
特定フォルダーが存在する場合の条件分岐処理フォルダーの項を参照

WEB操作 ➡WEB操作・虎の巻

内容詳細
WEBサイトを開く・アクセスするChromeなどを新規に開いて、指定されたURLのサイトにアクセスする、もしくは既に開いているサイトにアクセスします
開いたWebサイトを閉じる一度開いたWebサイトを閉じます
テキストの入力WEBサイトのテキストボックスに指定したテキストを入力します
ボタンを押すWEBサイトにあるボタンをクリックします
ダウンロードリンクのクリックWebサイト内のダウンロードリンクをクリックして、フィルを指定した箇所にダウンロードします
ホバークリックをしないまでも、指定個所の上にカーソルをホバーします
テキスト抽出Webサイト内に表示されているテキストの内容を抽出して変数に格納します
リンクのクリックWebサイト内のリンクをクリックします
チェックボックスのオン・オフWebサイト内のチェックボックスの状態を変更します
ドロップダウンリストから選択Webサイト内のドロップダウンリストの中から該当の値を選択できるようにします
Webページの詳細情報を取得Webページのページタイトルなどの詳細情報を取得します
テキスト他UI要素の情報取得UI要素のテキストなどの詳細情報を取得します

キー操作

内容詳細
キーの送信/テキストの送信「エンターキーを押す」などのキー操作をPCに送信します
クリックの送信左クリックなどのマウスクリック操作をPCに送信します
画像のクリックWEBサイト内などにある画像をクリックします

PDF操作

内容詳細
PDFファイルから1ページの抽出複数ページが存在する1PDFファイルから指定ページを抽出します
複数ファイルの統合複数のPDFファイルを1ファイルに統合します

フローコントロール

内容詳細
待ち処理アクション間に待ち秒を設定します
サブフローの実行部品化したフローを呼出して実行します
ラベルフローの流れを変えます
移動先上のラベルとセットで使用します
特定ファイルの待ち処理特定ファイルのフォルダへの格納(削除)をフローのトリガーとして設定します
フローの終了フローを都合の良い箇所で終了します

待機処理

内容詳細
待ち秒の作成アクションの合間に待ち処理を入れます
マウスポインターの形が変更になるまで待機事前に指定したマウスポインタ―の形になるまで処理を待機します
プロセスを待機する指定した内容のプロセスが開始、もしくは終了するまで処理を待機します
テキスト表示の待機(OCR使用)指定したテキストが表示されるまで処理を待機します
ウィンドウを待機する指定したUI要素が表示、もしくは消えるまで処理を待機します
画像の表示・非表示(消える)を待機指定した画像が表示される、もしくは消えるまで処理を待機します
特定ファイルの待機特定のファイルが指定フォルダに格納される、もしくは削除されるまで処理を待機します

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

ITのフィールドで新たなキャリアを創造しよう!