POWER AUTOMATE DESKTOP逆引き辞典~メール~

 Microsoft社の無料RPA・Power Automate Desktopのアクションの中から、メールのアクションを紹介します

   ➡逆引き辞典に戻る

メールの送信(OFFICE365)

****** ガッツ鶴岡のUdemy講座リニューアル&Sale! ******

「Power Queryのメニューにはない裏技ができる! M関数を学んで使えるようになる講座」

半額クーポン

****************************

アクション名:メールの送信

メールを事前に指定した宛先と内容で送付します

パラメーターの選択

SMTPサーバー

「smtp.office365.com」で設定します

サーバーポート

587で設定するのがおすすめです

SSLを有効にする

オンで設定します

SMTPサーバーには認証が必要

オンで設定します

ユーザー名・パスワード

OFFICE365へのログイン情報を設定します

以降は「全般」以降のパラメーターの設定になります

 上画像の「全般の右横」に黄色く印を付けた箇所をクリックすると下の画像のように画面が開きます

送信元、送信者の表示名

送信元のメールアドレスと表示名を設定します

送信先、CC、BCC

送信先等のメールアドレスを設定します

件名、本文

メールの件名と本文を設定します

メールの送信(GMAIL)

2点以外はOFFICE365と同じ説明になります

SMTPサーバー

「smtp.gmail.com」で設定します

パスワード

 セキュリティの都合上、Googleのアカウントでパスワードを取得する必要があります

送信元のGoogleアカウント管理画面にて「セキュリティ」をクリックします

 すると、下の画像のように「アプリパスワード」が表示されていますので、こちらをクリックします

 次に開いた画面でパスワードを生成するアプリとデバイスを指定して「生成」をクリックするとパスワードが生成されます

下の画面からパスワードをコピーしてください

コピーしたパスワードはこちらに貼り付けてください

ファイルの添付

アクション「メールの送信」のパラメーターの選択画面にて設定できます

 上の画像の黄色く印を付けた箇所をクリックすると、クリック操作で添付ファイルを設定できます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です