カテゴリー別アーカイブ: M関数

テーブル列操作関数

列結合

Table.NestedJoin

文法

キー列を基にして2つのテーブルの内容を結合します

=Table.NestedJoin(テーブル名1,キー,テーブル名2,キー,新しい列名,省略可|結合タイプ)

*結合タイプが省略された場合には、左外部結合が指定される

使用方法

列名をリストとして返す

Table.ColumnNames

文法

ハードコード/自動記録された列名リストをTable.ColumnNamesで置き換えると、列が増えても列名のリストが網羅される

使用前
使用後

実際の使用例

 ➡【豆知識】ピポット解除時の空欄の扱い

列変換(研究中)

Table.TransformColumns

文法

元データ
Table.TransformColumns
列変換後


にほんブログ村

クエリの高速化・関数

キー設定

Table.AddKey

文法

マージを行う際に、主キーを設定してクエリ処理を高速化します

*明細側(多)より集計側(1)で高速化の効果が高いです

Table.AddKey(テーブル名, 主キーにする列, 主キー有無)

使用方法

let
With.Addkey1=Table.AddKey(売上台帳,{“商品コード”},true),
With.Addkey2=Table.AddKey(商品台帳,{“商品コード”},true),
ソース = 売上台帳,
マージされたクエリ数 = Table.NestedJoin(With.Addkey1, {“商品コード”}, With.Addkey2, {“商品コード”}, “商品台帳”, JoinKind.LeftOuter),
#”展開された 商品台帳” = Table.ExpandTableColumn(マージされたクエリ数, “商品台帳”, {“販売単価”}, {“商品台帳.販売単価”}),
挿入された乗算 = Table.AddColumn(#”展開された 商品台帳”, “乗算”, each [商品台帳.販売単価] * [販売個数], Int64.Type),
#”名前が変更された列 ” = Table.RenameColumns(挿入された乗算,{{“乗算”, “販売金額”}})
in
#”名前が変更された列 “

バッファー化

マージ対象のクエリをバッファー化します

文法

=Table.Buffer(最終ステップ名)


にほんブログ村

ファイル関連操作・関数

操作ファイル内のテーブル取得

Excel.CurrentWorkbook

文法

ファイル内のテーブルを一括で取得します

=Excel.CurrentWorkbook

ファイル内テーブル
使用方法

実際の使用例

 ➡M言語に慣れる_9回目~複数シートをコード1行で結合~

フォルダー内データ取得

Folder.Files

文法

フォルダ内にある複数ファイルのデータを一括取得

=Folder.Files(フォルダ名)

使用方法

実際の使用例

 ➡フォルダから複数ファイルデータを一括取得~初級講座4回目

ファイル内のデータ取得

Excel.Workbook

文法

=Excel.Workbook(ファイル名,省略可|1行目をヘッダーにする,省略可|データ形式を自動変換)

Content列
使用方法
使用結果

上の画像/使用結果、ではExcel.Workbookの2つ目の関数をTRUEで指定している為、自動的に1行目がヘッダーになっている

2つ目の引数を省略、もしくはFALSEにした場合は次の画像の通りになる

2つ目の引数を省略した場合(もしくはFALSEにした場合)

ファイルパスを返す

File.Contents

文法

ファイルパスとして書かれたテキストをバイナリにして返す

使用方法

にほんブログ村

日付時刻・関数

日付作成/年、月、日

#date

文法

3つの数字(年、月、日)から日付を作成

=#date(年,月,日)

使用方法

実際の使用例

 ➡【M言語に慣れる】_13回_ダイナミックに連続した日付作成

期間値作成

#duration

文法

日、時間、分、秒の4つの数字から期間値を作成

=#duration(日,時間,分,秒)

使用方法

実際の使用例

 ➡【M言語に慣れる】_13回_ダイナミックに連続した日付作成

日付リスト作成

List.Dates

文法

日付リストを指定回数分、指定期間単位で作成

=List.Dates(開始日,指定リスト数,期間単位)

使用方法

実際の使用例

 ➡【M言語に慣れる】_13回_ダイナミックに連続した日付作成


にほんブログ村

統計関数

データの平均値などの統計処理を行うための関数です

平均値の計算

List.Average

文法

リスト内の平均値を計算

=List.Average(リスト)

使用方法

実際の使用例

 ➡M言語に慣れる_1回目~コード構造の把握~

最大値を計算

List.Max

文法

リスト内の最大値を計算

=List.Max(リスト)

使用方法

実際の使用例

 ➡M言語に慣れる_16回目_LIST関数

最小値を計算

List.Min

文法

リスト内の最小値を計算

=List.Min(リスト)

使用方法

データの個数を計算

List.Count

文法

リスト内のデータの個数を計算

=List.Count(リスト)

*文字列も数字も同様に計算

使用方法

中央値の計算

List.Median

文法

リスト内の中央値を計算

使用方法


にほんブログ村

文字列・操作関数

文字列を操作する為の関数です

文字列・型式への変換

Text.From

文法

値を文字列・型式に変換

*3であれば”3”を返す

=Text.From(値)

使用方法

実際の使用例

 ➡M言語に慣れる_2回目~カスタム列~

検索文字の位置抽出

Text.PositionOf

文法

文字列の中にある特定の文字の最初の出現位置を抽出します

注意点としては、M言語は0ベースなのでカウントが0からはじまります

例えば、1文字目に特定の文字列が見つかった場合には0を返します

この点はご注意ください

*最後の出現位置を抽出することもできます

*文字列が見つからない場合は-1を返します

= Text.PositionOf(“検索対象・文字列”,”検索・文字列”,省略可)

使用方法1
使用方法2

実際の使用例

 ➡M言語に慣れる_5回目~M関数を検索する方法~

検索文字の有無判定

Text.Contains

文法

検索対象の文字列に、検索文字が含まれているかどうかを判定

含まれている場合にはtrueを、そうでない場合にはfalseを返します

=Text.Contains(“検索対象・文字列”,”検索・文字列”)

使用方法

実際の使用例

 ➡【M言語に慣れる】_15回目_TEXT関数/文字列関数

文字列の置換

Text.Replace

文法

文字列内に出現する、指定文字を全て置き換えます

=Text(文字列,置き換える対象の文字列,置き換え後の文字列)

使用方法

実際の使用例

 ➡【M言語に慣れる】_15回目_TEXT関数/文字列関数

数値型式への変換

Number.From

文法

文字型式などの型式から数値型式に変換します

=Number.From(値)


にほんブログ村

テーブル行操作関数

VBAで言えば、メソッドにあたるものです

行削除/先頭からの行数指定

Table.RemoveFirstN

文法

指定した行数分を先頭行から削除

Table.RemoveFirstN(テーブル名, 行数指定) 
Dataテーブル
使用方法

実際の使用例はこちらから

連番追加

Table.AddIndexColumn

文法

テーブルに新たな「連番」の列を追加します

連番の開始番号や増分は調整できます

Table.AddIndexColumn(テーブル名, 列名, 開始番号, 増分) 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png
Dataテーブル
使用方法1
使用方法2

実際の使用例

 ➡ M言語に慣れる_10回目~グループ毎に連番作成~

先頭行から見出し/ヘッダー作成

Table.PromoteHeaders

文法

先頭行をテーブルの見出し/ヘッダーにします

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png
Dataテーブル
使用例

実際の使用例

 ➡不規則に散らばっているデータを一括取得~M関数~

行フィルター

Table.SelectRows

文法

抽出条件と一致する行を選択します

Table.SelectRows(テーブル名, 抽出条件)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png
Dataテーブル
使用方法

実際の使用例

 ➡M言語に慣れる_8回目~EACHを使いこなしてM関数作成~

 ➡POWER QUERYエディタ上で複数条件付き合計処理~M関数使用


にほんブログ村

数学関数

Power QueryのM関数の内、数学関数を抜粋しました

数値を合計

List.Sum

文法

リスト内の数字の合計を求める

=List.Sum(リスト)

リスト内の数字を合計

積を算出

List.Product

文法

リスト内の数字の積を求めます

=List.Product(リスト)

使用例

小数点を四捨五入

Number.Round

文法

指定した桁数になるように四捨五入

*桁数の指定が無い場合には整数になるように四捨五入します

Number.Round(数字,省略可|桁数)

使用方法1
使用方法2

小数点を切り上げ

Number.RoundUp

文法

指定した桁数になるように切り上げ

*桁数の指定が無い場合には整数になるように切り上げます

Number.Round(数字,省略可|桁数)

使用方法1
使用方法2

小数点を切り下げ

Number.RoundDown

文法

指定した桁数になるように切り下げ

*桁数の指定が無い場合には整数になるように切り下げます

Number.RoundDown(数字,省略可|桁数)

使用方法1
使用方法2


にほんブログ村