テーブル行操作関数

VBAで言えば、メソッドにあたるものです

行削除/先頭からの行数指定

Table.RemoveFirstN

文法

指定した行数分を先頭行から削除

Table.RemoveFirstN(テーブル名, 行数指定) 
Dataテーブル
使用方法

実際の使用例はこちらから

連番追加

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

Table.AddIndexColumn

文法

テーブルに新たな「連番」の列を追加します

連番の開始番号や増分は調整できます

Table.AddIndexColumn(テーブル名, 列名, 開始番号, 増分) 
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png
Dataテーブル
使用方法1
使用方法2

実際の使用例

 ➡ M言語に慣れる_10回目~グループ毎に連番作成~

先頭行から見出し/ヘッダー作成

Table.PromoteHeaders

文法

先頭行をテーブルの見出し/ヘッダーにします

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png
Dataテーブル
使用例

実際の使用例

 ➡不規則に散らばっているデータを一括取得~M関数~

行フィルター

Table.SelectRows

文法

抽出条件と一致する行を選択します

Table.SelectRows(テーブル名, 抽出条件)
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png
Dataテーブル
使用方法

実際の使用例

 ➡M言語に慣れる_8回目~EACHを使いこなしてM関数作成~

 ➡POWER QUERYエディタ上で複数条件付き合計処理~M関数使用


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です