クエリのマージ2~中級編2回目~

 中級編2回目は前回紹介したマージの技術を実際にサンプルを使用して行います

下の図にある商品台帳と売上台帳を組み合わせ(マージ)ます


マージの設定の際に、売上台帳に商品台帳の商品名と販売単価を追加します

<今回のポイント>

A.キー列を設定します

2つの表を組み合わせるためのキー列を指定します

B.組みあせる項目、組み合わせ方を選択します

下記の画面で組み合わせる項目と組み合わせ方を指定します

上の図に”集計”とありますが、集計については次回に解説します

では早速、下記にサンプルファイルをダウンロードして演習をすすめていきましょう!

1.クエリ作成

データタブから”テーブルまたは範囲から”を指定してクエリを作成します

範囲を指定する際、自動的に題名の部分が範囲に入ってしまいますので注意が必要です

題名部分を除いて範囲を指定し直してください

読込先は”接続の作成のみ”を指定してください

2つのクエリを作成したら2のマージ作業に移ります

2.マージ作業

2つのクエリをマージする場合、事前に2つの方法が選択できます

ⅰ)既存のクエリにマージする方法

ⅱ)新規にマージ用のクエリを作成する方法

今回はⅱ)で行います

➀売上台帳クエリを参照

売上台帳上で右クリックし、更に”参照”をクリック

➁クエリのマージをクリック

事前にクエリ名は変更しましょう!

③クエリのマージ

クエリのマージをクリック

④マージするテーブルを指定

マージをクリックした新規に画面が立ち上がります。そこでマージするテーブルとキー列を指定します

⑤マージする項目、方法を指定

④が終了すると下記の画像のように、商品台帳の内容が追加されます

商品台帳の右横にあるマークをクリックし、実際に組み合わせる項目と組み合わせ方法を指定します

商品名と販売単価はチェックを入れたままにしましょう!

”元の列名をプレフィックスとして使用します”にチェックを入れたままだと下の図のようになってしまいますので、チェックは外しましょう!

⑥読込処理を行います

今回は”閉じて読み込む”を指定し、接続の作成のみでなく、実際にシートに読み込みます

これで完成です

<まとめ>

 どうでしょう?2つの表を組み合わせるにあたり、VLOOKUP関数を2つの列 (商品名、販売単価 で作成する)よりずっと簡単だったのではないでしょうか?

 もし、”しまった、他の項目も追加が必要だった”ということになっても簡単に追加が行えます。具体的な方法については次回、詳細に解説します

 次回は単に項目の組み合わせだけでなく、計算も行います!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村
</a

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です