タグ別アーカイブ: アンダースコア

M言語に慣れる_8回目~eachを使いこなしてM関数作成~

【M言語はむずかしくない!】 数式バーでよく見かけるコードの一つに、青字の「each」というコードがあります。青字ということは、システム予約語なので、数式バーに頻繁に登場します。ですので、「each」に慣れれば、自ずとM言語自体にも慣れ親しんでいけます。今回はこの「each」についての事例数多く紹介します。

多くの事例を通じて「each」自体についての意味合いを掴み、M関数内でのeachの使い方に慣れていきましょう!

目次

今回のポイント

「each」の使用例

「each」の中味について

M関数を作成する / List.Select

<まとめ>

今回のポイント

「each」とセットでよく出てくるコードに「アンダースコア / _」があります

「each」と 「アンダースコア / _」の2つは切っても切れない関係にあります

何故なら、「each」は「アンダースコア / _」を使用した関数を簡略したものだからです

ですので、今回は 「アンダースコア / _」についても解説します

 但し、「each」と「アンダースコア / _」の詳細な内容は難解なので、「こういうもの」だと割り切って読み進めてください

そして、最後にM関数「List.Select」を「each」と「アンダースコア / _」を使い作成します

実際に手を動かしてみて「each」と「アンダースコア / _」に対する感覚を掴んでみてください

M関数の作成にあたっては、前回も行ったようにM関数の使用例を活用します!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: LISTSELECT.jpg

「each」の使用例

まずは、「each」の理解の入り口として「each」の使用例を2つ紹介します

フィルタリング

下の画像のように、エディタ内に「氏名」「部門」という列名の列があるデータがあるとします

こちらの部門列から「営業」をフィルタリングします

すると、数式バーは以下の表示になり、「each」が条件式に合うものに対して使われているのが分かります

抽出

前述のデータにて、今度は「氏名」の列から「苗字」を抽出します

使用するメニューは「変換」タブ内の「抽出 / 区切り記号の前のテキスト 」になります

区切り文字として使用する記号は「半角スペース」を使用します

すると、数式バーは以下の画像のような表示になり、「each」と「アンダースコア」(“BeforeDelimiter(“の後に表示)が使用されています

上の画像だと分かりずらいと思いますので、文字列に直して表示し直したものも確認しておいてください

= Table.TransformColumns(フィルターされた行, {{“氏名”, each

Text.BeforeDelimiter(_, ” “), type text}})

以降は有料ページ/課金サービスへ