タグ別アーカイブ: エクセルクリエーター

基礎講座2回目~数字こそ見た目!デザインルール~

今回はダッシュボードのデザインルールを4つ解説します

数字こそ見た目です!

見た目を上げるのには奇をてらうよりも王道を行きましょう!

以下の4つの王道ルールを意識して分かり易いダッシュボードを作成しましょう

1.MVCモデル

MVCモデル(コントローラー、モデル、ビュー)の詳細はここでは省きますが、要は、ダッシュボート用のシートは生データ、及び生データの作業シートと分けて作成しましょう、ということです。やはりダッシュボードに計算内容や不要なデータなどが標示されないように工夫をしておく必要があります

2.コントラスト

Color、Border、Shape、この3つを駆使してメリハリの効いたダッシュボードを作成しましょう

キャプチャ

3.繰返し

同じフォーマットを繰り返すことで、ダッシュボードを見る人が”内容”を理解し易くなります

下はワッフルチャートですが、4つワッフルチャートを繰り返すことで、1つ目のワッフルチャートの見方を理解しさえすれば後の3つはすぐに頭に入ります

GIF1

4.近接&整列

同じ意味合いを持つものは近くに位置して、意味合いを明確に区別しましょう

3

そして、規則性を持って並べることで全体の構造が一目で分かるようにしましょう

4

では以上、4つのルールを意識してダッシュボードのデザインを楽しんでいきましょう!
にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

ピボットテーブルの役割を変えよう Part3~フィルター機能1~

ピボットテーブルの役割を変えようのPart3(#3)になります

今回のテーマは”フィルタリング”です

ピボットテーブルで表やグラフを作成する時に同じような資料を何度も作成したりしていませんか?

下の画像の場合ならAランクの場合、Bランクの場合・・・といった具合です

2

ピボットテーブルにはビジュアルに分かり易くフィルタリングする機能である”スライサー”という機能があるので、フル活用してみたらいかがでしょうか?

同じ様な資料を何度も作成して”見せる”、もしくは”見てもらう”のではなく、”選択”(フィルタリング)してもらうのです

GIF1

次回から”スライサー”の作成の仕方からデザインの方法まで詳細に解説していきます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

スマホのように魅せるエクセルダッシュボード

数字を見るのは苦痛です・・・

という方は多いと思います。

ましてや会議で虫メガネを使わないと読めないような小さい文字が詰まった資料を見せられるのはとにかく苦痛です

その点、このダッシュボードはスクロールバーで表示内容を表示のボリュームを一定に保ったまま、変えていていけるので便利です!

動画を見て頂くと分かると思いますが、スクロールさせるだけでなく表示内容(販売月)も変えていけます。

全く同じ通りにダッシュボードを作成して仕事で使用したら上司に怒られそうですが、大事なのは”直感的に数字を分かり易く示す”ということです

例えば、右上は表示されていないものも含め、最終的に表示されるのは何行あり、今現在表示されているのはどの辺なのかを”一目”で分かるようになっています

電話でも”用件は3つ”です、と最初に言われると時間を調整しながら会話をしやすくできます

後、重要なのはこれらが全てエクセルの基礎的な技術で完成できることです

たかがエクセル、されどエクセル、エクセルだけでも様々な工夫ができます

そんな工夫が詰まった”エクセルダッシュボード術”を今後も紹介、解説していきます