タグ別アーカイブ: カメラ

カメラ機能について2

前回はカメラ機能の設定の仕方と基本的な使用方法を解説しました

今回は、更にカメラ機能を有効に使いこなす為に、カメラ機能で映した画像を修正・加工する方法を解説します

1.画像をトリミングする

カメラ機能で映した画像に不要な部分があったらトリミングをして取り除きましょう

➀カメラ機能で映した画像にカーソルを置きトリミングをクリック

”トリミング”は書式のタブにあります

②黒いマークを適切な位置に設定する

黒いマークが4つ画像を囲むように表示されるので、マークを適切に位置に調整します

黒いマークで囲まれた範囲が最終的な画像になります

2.画像を修正する

➀枠線を消す

トリミングした後、枠線が残っているケースがあります

その時には書式から図の枠線を選択します

そして、”枠線なし”を選びます

するときれいに枠線が消えています



②スタイル自体を変える

更に書式タブの以下箇所から様々なスタイルを選択することもできます

<最後に>

いかがでしたでしょうか?2回にわたってカメラ機能を解説してきました。ダッシュボードでなくても画像を他のシートなどの映す機会があると思いますので、ぜひ活用してみてください

次回はエクセル画面上でスクロールバー等を動かす、フォームコントロールの技術について解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

ピボットテーブルの役割を変えよう~表を自動作成#1_6~

それでは今回で最終回です

アイコン

サンプル 28.28 KB 28 downloads

...

今回はカメラ機能を使ってピボットテーブルでできた表をダッシュボードのパーツの如く仕上げます(以下は撮影の都合上、エクセルの画面を縮小しています)

GIF18

カメラ機能をクイックアクセスツールバーに設定していない方は以下の動画をご覧ください

後は、以下3つの手順で解説します

1.カメラで映す範囲を指定してカメラのアイコンをクリック

表の一番右の”前期比”は必要の無い箇所です。それ以外を指定しましょう

29

2.好きなところにドラッグ

1で指定した範囲が映し出されます。けっして単に画像をコピーした分けではありません。リアルタイムで1の指定した範囲が反映されます

GIF19

3.体裁を整える

カメラで映した画像は枠線を取り(書式タブ⇒図の枠線)大きさも整えましょう

33

上記までできたら、最後にデータテーブルの中味を変えて更新処理してみましょう

ezgif.com-video-to-gif

”Data”のシートに2年分のデータ(2016&2017と2017と2018)を用意していますので、データソースを変更してみて、表の書式などが維持されているか確かめましょう

 

これでピボットテーブルの表を”転記不要”で見た目もインパクトの効いた表にすることができました

毎週や毎月の転記処理の手間を考えたらとても大きな前進です。ぜひ前5回も含めて復習した上で、ピボットテーブルの役割の変更を進めていきましょう!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

クイックアクセスツールバー2

エクセルの作業時に、問題になることの一つは

他シートとの連携です

 

・連携している他のシートの動作を検証したい

・他のシートの作成物を形や大きさに左右されずに表示したい

 

カメラ機能なら上記の2つを解決できます

他のシートにある特定の範囲の状態を”リアルタイム”でカメラで映し出します

GIF5

カメラはクイックアクセスツールバーに追加して使用します

デフォルトではセットされていません

36

 

下の画面で言えば、ランクがあるテーブルが他のシートからカメラで映したものです

(ランク設定の値の変更とランク設定が連動しているかを検証しています)

ezgif.com-video-to-gif

設定の仕方自体は以下の動画でご確認ください