タグ別アーカイブ: テキスト

POWER AUTOMATE DESKTOP逆引き辞典~テキスト処理~

Microsoft社の無料RPA・Power Automate Desktopのアクションの中から、テキスト処理のアクションを紹介します

  逆引き辞典に戻る

文字列の切り取り

アクション名:サブテキストの取得

エクセル関数で言えばLEFT関数、もしくは、MID関数と同じ働きをします

下のGIF画像ではダイアログボックスに入力された文字列を左から2文字切り取ります

パラメーターの選択/左から文字を切り取る場合

元のテキスト

切り取り対象になる文字列を設定します

開始インデックス

文字列の先頭から文字の切り取りを行う場合には「テキストの先頭」を指定します

長さ

「文字数」のままで設定

文字数

切り取る文字数の長さを設定します

パラメーターの選択/文字列の途中から文字を切り取る場合

元のテキスト

切り取り対象になる文字列を設定します

開始インデックス

文字列の途中から「指定文字の長さ」を切り取る場合には「文字の位置」を指定します

文字の位置

切り取りを開始する位置を指定します

*文字の位置を指定する場合には、カウントが0からはじまる点に注意してください

長さ

「文字数」のままで設定します

文字数

切り取る文字数を指定します

テキストの置換

アクション名:テキストを置換する

このアクションでは、「t➡T」などの文字列の置換を行います

例えば、下の画像では変数:UserInputに「test」が格納されているとしたら、このアクションにて「TesT」に変換を行っています

パラメーターの選択

解約するテキスト

操作対象のテキストを設定します

検索するテキスト

検索対象のテキストを設定します

(途中省略)

置き換え先のテキスト

検索対象のテキストを置き換える内容を設定します

空白のトリミング

アクション名:テキストのトリミング

このアクションでは、指定したテキストの先頭、もしくは末尾の空白文字を取り除きます

例えば、下の画像では、変数:UserInputに格納したテキスト「    TEXT TEXT」を「TEXT TEXT」に変換します

パラメーターの選択

トリミングするテキスト

対象テキストを設定します

トリミング対象

トリミングの対象は下の画像のように、3つのパターンから選択できます

日付・時間の表示形式の指定

アクション名:dateTimeをテキストに変換

例えば、下の画像のように現在の日時を取得したとします

このアクションでは「現在の日時」を好みに応じた型式に変更することができます

下の画像では、このアクションにより「1/17/2022 1:42:21 PM」をyyyyMM形式の「202201」に表示を変更しています

パラメーターの選択

変換するdatetime

変換する対象(変数など)を設定します

使用する型式

「標準」と「カスタム」から選択できます

標準形式orカスタム型式

標準形式の場合は、下の画像のような形式の中から選択して設定できます

カスタム型式の場合は自身で「yyyyMM」などの型式を入力して設定します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ