タグ別アーカイブ: ドリルダウン

セルの値を変更するだけで読み込みを変更する方法~上級編15回

今回はエディタを開かないまま、セルの値を変更するだけで「クエリからの読込内容」を変更する方法を解説します

前回は、セルの値を「名前」にて設定し、詳細エディタ画面でコードに組み込みました

今回は、ドリルダウンという方法を活用します

日本語のドリルダウンと意味合いが少し違います

これはPower Queryの特徴的な処理であるとともに、M言語の分野にまで踏み込む処理でもあります

詳細については後程解説します

 今回解説する方法は、前回のように詳細エディタでコードを書かない分、処理は楽です

大きく分けて、2つの処理(①②)を行うだけです!

 まず、変更するセルの値をクエリにする際、クエリを「①ドリルダウン」します

次に読み込みの変更を行うクエリを開きます

そして、ドリルダウンした「クエリ名」をPower Queryエディタの「②数式バーにて組み込み」をすれば処理は終了です

なお、今回使うデータは2つの表から構成されます

1つは元データです

こちらが、上の②の処理の対象です

こちらのデータは、クエリに変換して「I列」にも読み込んでおきます

もう1つは、製品をフィルタリングする為のリストデータです

こちらが上の①の対象になります

こちらのセルの値を変更して、クエリからの読み込み内容を変更します

ちなみに、このセルの値は3つの値から選択できるようになっています

では、本格的な解説をはじめます

目次

1.リストのドリルダウン

2.ドリルダウンの組み込み処理

<まとめ>

1.リストのドリルダウン

まずはリストが設定されているセルをテーブルにし、エディタを開きます(事前にテーブル名:Productを設定しています)

では、冒頭に紹介した①ドリルダウンの処理をします

次のGIF画像のように「右クリック」した後に、「ドリルダウン」を選択します

上のGIF画像の数式バーにも注目してください

下の画像は、ドリルダウン前の時点での「数式バー」の表示です

エディタを開いた時、製品別の列がテキスト型に自動変換されていました

この自動変換は、次の画像の箇所で設定されています(こちらの画面はファイル⇒クエリ設定⇒クエリのオプション、で開きます)

ドリルダウンを行うと、次の画像の数式が表示されます

以降は有料ページ/課金サービスへ