タグ別アーカイブ: フォームコントロール

条件付き書式で背景を変更

 コロナ疲れで「桜」が恋しくなってきましたので、エクエルシートの中に桜を咲かせてみました

仕組みはとても単純です!

 条件付き書式を使用して、各セルに入力されてある値が「参照セル」の値以下だと「セルの背景」が白になるようにしてあります

つまり、上の画像の黄色の箇所(セルK1)がちいさくなる

   ➡各セルの背景の色が「白」から「元の背景の色」に変わる

という仕組みになっています

では、桜をエクセルシート内に咲かせる仕組みについて解説します

但し、桜の画像については事前に準備する必要があります

1.背景の設定

ページレイアウトタブから準備した画像を背景に設定します

上の画像の「背景」をクリックすると、画像を指定できるようになります

背景を設定したら、1列は白にして後の列は非表示にします

下の画像で詳細を解説すると、K列は白色に設定し、L列より右は「非表示」に設定します

次に表示タブにて、目盛線も非表示にします!

2.数字をランダムにセルに入力

RANDBETWEEN関数を使用し、「1~100」の数字を各セルに散りばめます

フォントの色は以下の画像のように、「白」で設定します

更に、フォンの文字が目立たないように「フォントサイズ」を極小にします

3.数字を変動させるセルを設定

条件付き書式で参照するセルは「スピンオフ」ボタンで設定します

スピンオフをはじめ、「フォームコントロール」の詳細は過去記事をご参照ください

スピンオフボタンをエクセルシートに設定したら、スピンオフボタン上で右クリックします

次に開いた画面で、2.で各セルに設定した「1~100」の値を「リンクするセル」のK1セルに出力できるようにします

4.条件付き書式の設定

記事の冒頭で紹介したように、3.で設定したセルK1の値以下の場合には、セルの色が白になるように設定します

次の画像が、設定する条件式です

上の画像の条件に合致する場合には、セルの色が白になるように書式を設定します

上記の1~4を設定すれば完成です

今回紹介した条件付き書式の使い方は下のGIF画像の「ワッフルチャート」でも使用しています

興味のある方はこのワッフルチャートにも、ぜひ取り組んでみてください

では、長文に最後までお付き合い頂き誠にありがとうございました

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

フォームコントロール

 エクセルダッシュボードの魅力の一つに、画面を固定したまま、表示内容を切り替えられる点が挙げられます。

表示を切り替える際、画面をスクロールしたり、カーソルを移動する必要はありません。その表示内容を変える手法の一つが、今回紹介するフォームコントロールです。

 例えば、下のスマホのようなダッシュボードですが、スクロールバーを動かすと、表示する行が変動していきます。

今回は、このフォームコントロールについて解説していきます!

ちなみに、今回はスクロールバーに絞っての解説です。スクロールバーを動かして、出力される値を変動させるところまでを行いましょう。

1.準備

 フォームコントロールを設定するには、実は準備が必要です。

自身のエクセルに”開発タブ”はありますでしょうか?

もし、なければ以下の画面で追加をお願いします。

 以下の画面は、ファイルタブ ⇒ オプションで表示できます


2.スクロールバーをシート内にドラッグ

開発タブが設定されたら、”挿入”をクリックしましょう!


次に、表示されたボタンの中から、スクロールバーを選択し、シート内にドラッグしましょう!

スクロールバーの①向き、②大きさ、を意図した通りに設定するには、コツがあります

エクセルシート内で、意図した向き、大きさになるように、カーソルを動かしましょう!そうすれば、うまく設定できます。

3.出力する値を設定する

今度は、設定したスクロールバーの上で右クリックします

すると、”コントロールの書式設定”が表示されます

そしたら、次のように表示されます

色々と項目が表示されましたが、一番、重要なのは、下にある”リンクするセル”です

”リンクするセル”の右にある、↑をクリックしてください

すると、出力される値の位置を指定できるようになります

そして、スクロールバーを動かすと、セルE6に出力される値も変動します

<まとめ>

 フォームコントロールを覚えると、直感的な操作で、表示内容を変えらえるようになります。

 実際にフォームコントロールを使う場面では、出力される値と関数などを連動させて表示内容を変えていきます。

 後、フォームコントロールから出力される値の①範囲、②増分(棒の上、下を押した時の増加幅)の設定については、3のコントロール書式設定で詳細に設定できます。ご自身で、色々と設定値を変えてみて、動き方の違いを体感してみてください!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村