タグ別アーカイブ: 初心者

新入社員の皆様へ~あるエクセル講師からのメッセージ~

【一緒に手を動かして学びましょう】

新社会人、おめでとうございます

 社会人になって初めての長期休みは、コロナ禍の真っただ中となってしまいましたね

 残念なことではありますが、この機会を「学び」の機会として有効活用するのも一つの手だと思います

さて、社会人になられたということは、各自「それぞれの道」を進んでいくことになります

それぞれの道を進むにしても、皆さんに共通のものがあります

それは「時間」です

時間は各自がどんな道を進もうと、1日は24時間で終了します

時間とは特別なものです

お金は失ったとしても、取り戻す手段はあります

時間は、どんなに頑張っても取り戻すことができません

 皆さんは社会人になった以上、誰しもある程度の時間はエクセルを使用して過ごすことになります

エクセルはその人の思考の鏡です

なんとかエクセル作業を短縮しようと思えば、それなりに作業を短縮できます

短縮しようとしなければ、永遠に短縮できません

私自身もある時期に、1年中エクセル作業をして過ごしていた時があります

 今思うと、ボタン1つで終わる処理でしたが、その時は疑うことなく我武者羅に作業を続けていました

 もっと時間を大事にしていれば、「家族と過ごす時間」「友人と過ごす時間」をもっと生み出せたのです

中にはもう会うことができない人もいます

繰返しになりますが、時間は取り戻せません

10代の1年と、20代の1年では同じ1年でも意味合いは違います

12歳の人の1年は1/12となり、22歳の1年は1/22となります

これが、32歳になると1/32となります

つまり年齢を積み重ねるとともに、1年は実質的には短くなっていくのです

ですので、時間を大事にすることには、貪欲に取り組むべきだと思います

私のエクセル教室では、GW中に未経験者向けのエクセル講座を開いています

 ささやかではありますが、エクセル学習を通じて「時間を大事にする」ことに協力させて頂きたいと思います

GW期間中はこの記事の読者に50%引きで講座を提供させて頂きます

各自の要望や課題を聞きながらの、マンツーマン・レッスンです

ぜひ、みなさんとお会いできることを楽しみにしています

【超初心者向けマンツーマンレッスン】~エクセルをはじめよう~

【初心者向けマンツーマンレッスン】~関数をはじめよう~

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

エクセルにもテーブルマナーを!~関数不要の集計術~

 ビジネスにデータはつきものです。現在のような巷にデータ溢れている時代であれば、エクセルでデータを扱えて当然だと思われることも多いと思います。

 でも、エクセルが苦手な人には、データ集計を行えといっても苦痛だと思います。

 明日の会議までに資料を作成しろ、と言われても関数一つ知らねーよ!!

という方の為に、奥の手がエクセルにはあります。それがテーブル機能です。

エクセル内の表をテーブルにしておけば、色々と面倒な作業が簡単にできるのです。

 今回は、フィルター機能を使って抽出条件を変えながら、合計と平均を集計する方法を解説します。

 ちなみに、今回使用するデータは”年度別”、”製品別”、”地域別”、”売上金額”のデータですが、地域別の合計金額と平均を計算しましょう!

1.まずは表をテーブルに変換しましょう

 表のどこかにカーソルを置いて”Ctrl+T”を押しましょう

 すると次のようなポップアップが出るので”先頭行をテーブルの見出しとして使用する”にチェックを入れてOKボタンを押しましょう!これで表をテーブルとして使用できます

2.集計行を作成しましょう!

 画面上のデ―ブルデザインタブで”集計行”にチェックを入れましょう!

この集計行にチェックを入れる作業だけで、既に売上金額の合計(382,666,000)が計算されています!

3.フィルターで抽出範囲を変える、集計行を平均に変える

 フィルターで地域の抽出範囲を変えただけで合計金額が変わっているのが分かりますでしょうか?このテーブル機能の集計行は完全にフィルターの集計結果と連動していますので、様々な計算結果を得られます

 では最後に、”平均”を計算して見ましょう!

実は、集計行の▼マークをクリックして”平均”に変えるだけで計算できます

<まとめ>

 エクセルには、日本ではまだあまり知られていない便利機能が沢山あります!エクセルビギナーも、どんどん便利機能を活用して、せっかくのエクセルを有効活用しましょう!

 テーブル機能をマスターしたら、次はピボットテーブルです!テーブル機能からエクセル集計をはじめることで、集計技術の幅がよりいっそう広がっていきます。ぜひテーブル&ピボットテーブルの特集記事も参照してください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村