タグ別アーカイブ: 更新

ピボットテーブル

ピボットテーブルはとても便利です!

様々な切り口でデータを集計することができます

読者の中には「ピボットテーブルを使わないと、毎月の会議は無事に乗りきれない」という方もいらっしゃると思います

実はピボットテーブルの機能は「データの集計」だけではありません

データ集計以外の機能も有効活用すれば、集計後の業務を大幅に改善しつつ、表自体もプレゼンにそのまま使える「見やすい表」にすることができます!

1.転記・編集作業の改善

 【改善前】集計データを別表に転記し、編集作業

 【改善後】集計データから会議用の資料をそのまま作成

集計データから表作成
新ピボットテーブルデザイン

   解説記事は⇒こちらから

2.グラフ作成作業の改善

 【改善前】集計データを再度編集してグラフを作成

 【改善後】集計データからそのままグラフを作成

   解説記事は⇒こちらから

3.複数資料の作成

 【改善前】集計データから部門A、B用など同じような資料を作成

 【改善後】スライサーで集計結果をフィルタリング

   解説記事は⇒こちらから

4.更新処理

 【改善前】データ更新の度にピボットテーブルを更新

 【改善後】データ更新時にピボットテーブルを自働更新

   解説記事は⇒こちらから

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

ピボットテーブルの役割を変えよう Part4~更新は不要3~

前回はファイル内にあるピボットテーブル他も含めて自動的に更新するイベントプロシージャ―(VBA)の書き方を紹介しました

今回は別の方法2種類紹介します

1.ファイルを開いた時の更新されるようにする

前回の手法だと、コードを短いとは言え、直接書かなくてはいけません

今回はチェックボックスにチェックを入れるだけで済む方法を紹介します

15

まず、ピボットテーブル上で右クリックして“ピボットテーブルオプション”をクリックします

16

そして、データの箇所をクリックし、”ファイルを開くときにデータを更新する”にチェックを入れます

こうしておけば、ファイルを開いた時にはデータ更新がされています

前回、紹介した方法でも”絶対確実”に更新されるとは言い切れません

(カーソルの操作の関係など)

こうしておけば、安心ですね

2.個別に自動更新するピボットテーブルを指定する

まず事前にピボットテーブルには分かり易い名前をつけておきましょう

17

そして、前回同様にシート名の箇所で右クリックしてコードを表示しましょう

19

以上です

前回までとあわせてピボットテーブルを自動更新する方法を解説しました

エクセルを活用する時に、意外な便利方法があるものです

貪欲に吸収して有意義な時間の使い方を行えるようにしていきましょう!

また次回!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

ピボットテーブルの役割を変えよう Part4~更新は不要2~

今回は実際に以下のGIFのようにピボットテーブルを更新不要にしましょう

GIF1

前回、更新不要にするのにイベントプロシージャ―を使う旨は少し触れました

今回は1.イベントプロシージャ―を活用するコードの入力画面を立ち上げる、2.実際にコードを入力する

の手順で行いましょう

2.で入力するコードはコピペで済みます

アイコン

サンプルファイル 21.13 KB 7 downloads

...

1.イベントプロシージャ―を活用するコードの入力画面を立ち上げる

ここは前回説明した通りです

GIF3

データ元、つまりデータの更新が起こるシートのシート名のところで右クリックして”コードの表示”をクリックしてください

2

2.実際にコードを入力する

まず、上の2つの欄を変更します

左側:(General)⇒Worksheet

右側:⇒SelectionChange

GIF4

これらの変更の後にエクセルシートに変更を加えると、事前に設定した指示(上の画像ではPrivateとEnd Subの間の記述)が動くようになります

この”更新を不要”にする為の事前の指示は以下のようにコードとして書きます

<Activeworkbook.refreshall>

実はこれだけです

6

もう少し、この仕組みについて解説すると

ピボットテーブルは直接、データから作られているわけではなく

データとは別などころにCacheを作っています

このCacheをイベントプロシージャ―の仕組みで更新(Refresh)してしまうのです

今回は以上です

次回、もう少し本格的な方法を解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村