タグ別アーカイブ: 更新

ピボットテーブルに引いた罫線を維持する方法

 作成したピボットテーブルに、罫線を引いても更新すると消えてしまう・・・、または表を変更すると消えてしまう・・・こんな悩みはないですか?この悩みには2つの意外な抜け道があります!

1つ目は、ピボットテーブルオプションの設定を変える方法

2つ目は、ピボットテーブルのデザイン自体を新規に設定する方法です

ピボットテーブルオプションの設定を変更

ピボットテーブル上で右クリックをすると、下の画像の黄色い印を付けた箇所のように「ピボットテーブル オプション」のマークが出てきます

こちらをクリックすると、下の画像のように「更新時にセル書式を保持する」が表示されます

こちらにチェックを入れると、更新しただけでは罫線は消えなくなります

但し、これだけだとピボットテーブルの表自体を変更すると罫線は消えてしまいます

デザインを新規設定

ピボットテーブルのデザイン自体を「罫線」を引くように設定すると、表自体を変更しても罫線は消えません

このデザイン自体の設定を行うには、まずデザインタブ内で以下の画像の「黄色の箇所」をクリックしてください

すると様々なデザインが選択できるようになります

どれか自分のイメージに近いデザインを選択し、右クリックしましょう!

すると上の画像のように「複製」という文字が表示されますので、こちらをクリックします

これで、選択したデザインをテンプレートにして、自分なりのデザインが設定できるようになります

上の画像のように「テーブル全体」を選択したまま、画像下にある「書式」を選択すると罫線を引く画面が選択できるようになります

上の画面にて、罫線を引いた後は、元の画面に戻りますのでOKボタンを押します

通常であれば、これでピボットテーブルに罫線が引かれていそうですが、ここからがトリッキーです

デザインタブ内に戻り、設定したデザインを選択しないと罫線は反映されません

こちらは注意が必要です

<まとめ>

今回は、ピボットテーブルに引いた罫線を維持する方法を解説しました

こちらは元々は、ストアカの講座内で生徒様から質問を受けた内容です

 私のストアカのレッスンでは、ピボットテーブルをそのままレポートに使えるデザインにするレッスンも行っていましたが、「罫線」についてはあまり深く考えたことがありませんでした

やはり、

教えることとは、教えて頂く事

とても勉強になります!


にほんブログ村

ピボットテーブル

ピボットテーブルはとても便利です!

様々な切り口でデータを集計することができます

読者の中には「ピボットテーブルを使わないと、毎月の会議は無事に乗りきれない」という方もいらっしゃると思います

実はピボットテーブルの機能は「データの集計」だけではありません

データ集計以外の機能も有効活用すれば、集計後の業務を大幅に改善しつつ、表自体もプレゼンにそのまま使える「見やすい表」にすることができます!

1.転記・編集作業の改善

 【改善前】集計データを別表に転記し、編集作業

 【改善後】集計データから会議用の資料をそのまま作成

集計データから表作成
新ピボットテーブルデザイン

   解説記事は⇒こちらから

2.グラフ作成作業の改善

 【改善前】集計データを再度編集してグラフを作成

 【改善後】集計データからそのままグラフを作成

   解説記事は⇒こちらから

3.複数資料の作成

 【改善前】集計データから部門A、B用など同じような資料を作成

 【改善後】スライサーで集計結果をフィルタリング

   解説記事は⇒こちらから

4.更新処理

 【改善前】データ更新の度にピボットテーブルを更新

 【改善後】データ更新時にピボットテーブルを自働更新

   解説記事は⇒こちらから

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村