タグ別アーカイブ: 繰返し

POWER AUTOMATE DESKTOP逆引き辞典~繰返し処理~

 Microsoft社の無料RPA・Power Automate Desktopのアクションの中から、繰返し処理のアクションを紹介します ➡逆引き辞典に戻る

取得内容で繰り返す/For each

アクション名称:For each

 下のGIF画像ではフォルダ内に存在するファイルの名前を複数取得し、ファイル名を1つづつ繰返しメッセージボックスで表示しています

他のアクションと違い、「For each」と「End」の2行が自動的にセットで設定されます

 上の画像では「変数:Files」にフォルダ内のファイル名がそれぞれ格納され、For each~End内のメッセージボックスにて「変数:CurrentItem」としてファイル名が1つづつ取出されて処理されています

パラメーターの選択

反復処理を行う値

取得した複数の内容を設定する

上の事例で言えば、取得したファイル名/変数:Filesを指定する

サンプル

1行目を変更して使用してください

回数で繰り返す/Loop

アクション名:Loop

回数を設定して処理を繰り返します

下のGIF画像では、メッセージ内容を1⇒2⇒3と繰り上げながら繰返し表示しています

このアクションでは、上のFor eachと同様に「Loop」と「End」の複数行をセットで設定します

 上の画像では、変数:LoopIndexを1から(from)3まで(to)まで1づつ(step 1)増やしながら、メッセージを繰返し表示します。表示するのは変数:LoopIndexになります

パラメーターの選択

アクション:Loopでは変数を軸にしてパラメーターを設定します

開始値

変数を開始する値を設定します

終了

変数を終了する値を設定します

増分

変数を増やす値を設定します

サンプル

条件付きで繰り返す

アクション名:ループ条件

事前に設定した条件を満たす間は処理を繰り返します

下のGIF画像では設定した変数の値が2以外の間は、変数をメッセージとして表示する処理を繰り返しています

このアクションでは、上のFor eachと同様に「While」と「End」の複数行をセットで設定します

 上の画像では変数:myNumを作成しメッセージで表示しますが、myNumが2以外の場合(<>2)のみメッセージを表示し、myNumが2の場合は繰返し処理を終了します

パラメーターの選択

最初のオペランド&2番目のオペランド

繰返し条件を行う条件に設定する2つの値を設定します

演算子

条件を設定します

*=,<>,>,<,>=,<=

サンプル

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

ゲームではじめるマクロ/VBA_セル変更

今回は3番目の迷路に取り組みます。今回のテーマは「セル変更」です

セル変更と聞くと、何をイメージしますか?

 セルの中の値でしょうか?こちらが一般的ですね。でもフォントの大きさや色などの変更もセル変更には違いないですよね

 VBAコードを書く際、セルが操作対象の場合にはセルの「何」を「どのように変えるか」を明確に指定する必要があります

 今回はセルという操作対象の値を変えたり、フォントのサイズを変えたりするVBAコードに触れて、VBAコードの作法に慣れていきましょう!

アイコン

めいろ3 182.86 KB 1 downloads

...

めいろ3を動かしてみる

今回、オバケをつかまえるのに書くコードはわずか2コードだけです!

右に行くか、下に行くかそれだけです

オバケをつかまえるまで、このコードをひたすら繰り返します

では、何を基準にして「オバケをつかまえた」とするのでしょうか?

それはカーソルの位置でしょうか?こちらはぜひ、事前に想像してみておいてください

ペンギンのサイズ

1回目の時に「.」は「~の」という風に解釈してみてくださいという記事を書きました

今回はこの点を深堀しつつ、「=」を使って「~に変える」という操作にも注目してみましょう!

さて、

めいろ3を実際に動かしてみると、ペンギンが小さくなったり大きくなったりします

こちらはセルのフォントを変更している訳ですが、表示されるコードに注目してみましょう!

Selection.Font.Size = 14

Selection.Font.Size = 20

こちらの2つのコードは「Selection/選択個所」「フォント」「サイズ」を「14/20に変える

そんな風に解釈してください

オバケをつかまえる

めいろ3を動かして、オバケの手前までくると、下の画像のようなメッセージがでます

Valueについては中味、もしくは値を解釈してみてください

ちなみにSelection.Offset(0,1)は「選択個所」「一つ右」という意味です

つまり、一つ動いた先のセルの中味/値がオバケの場合に「オバケをつかまえた」ということでこのゲームは動いているのです

下の画像がオバケをつかまえた際に出てくるコード一覧です

黄色の箇所に注目して頂きたいのですが、「選択個所値」と「オバケがいるセル値」が等しくなるまで(Do Until)2つのコードを繰り返すという意味になっています

<まとめ>

今回は、めいろ3を通じて「.」と「=」の使い方に慣れて頂きたいと思いました。この「.」と「=」の使い方を理解することは、マクロ/VBAのマスターへのかなりの近道になるはずです。

次回は実際に「.」と「=」を使ってコードを書いてみましょう


にほんブログ村