タグ別アーカイブ: 自動化

POWER AUTOMATE DESKTOP逆引き辞典~ファイル操作~

 Microsoft社の無料RPA・Power Automate Desktopのアクションの中から、ファイルの操作のアクションを紹介します 

逆引き辞典に戻る

ファイルのコピー

指定したフォルダにファイルをコピーします

パラメーターの選択

コピーするファイル

ファイルの指定方法は3つの方法から選択できます

①ファイルをクリック操作で指定する方法

②フォルダをクリック操作で指定した後、ファイル名を手動で入力する方法

③変数で指定する方法

宛先フォルダ

フォルダを手動もしくは、クリック操作で指定します

ファイルが存在する場合

コピー先のフォルダに同名のファイルが既に存在する場合は「上書き」と「何もしない」中から処理を選択できます

サンプル

一部修正が必要です

ファイルの移動

ファイルを指定したフォルダに移動します

パラメーターの選択

移動するファイル

移動するファイルを指定します(詳細はファイルをコピーするを参照してください)

宛先フォルダ

移動先のフォルダを指定します

ファイルが存在する場合

「上書き」するか「何もしない」かを選択します

ファイルの削除

指定したファイルを削除します

パラメーターの選択

削除するファイルを設定します

ファイル名の変更_新ファイル名を手動設定

アクション名:ファイルの名前を変更する

パラメーターの選択

名前を変更するファイル

名前を変更するファイルを設定します

名前の変更の方法

「新しい名前を設定する」を設定します

新しいファイル名

拡張子の指定を含まないファイル名を指定します

拡張子を保持する

オンのままをお勧めします

ファイルが存在する場合

「上書き」するか「何もしない」を選択できます

ファイル名の変更_日時の追加

アクション名:ファイルの名前を変更する

パラメーターの選択

1/2

名前を変更するファイル

名前を変更するファイルを設定します(詳細はファイルをコピーを参照)

名前の変更の方法

「日時を追加する」を設定します

2/2

追加する日時

「現在の日時」を設定します

日時を追加する

日時を追加する位置を既存のファイル名の前にするか後にするかを設定します

区切り記号

既存のファイル名と日時との間をつなぐ記号を設定します

日時型式

デフォルトでは次の設定になっています(年月日)

複数ファイルのファイル名に連番を付ける

アクション名:ファイルの名前を変更する

(例:テスト_1.xlsx ➡ 001_テスト_1.xlsx)

 この処理を行う場合には、事前にフォルダ関連のアクションにて複数のファイル名を取得して変数に格納しておく必要があります(フォルダアクション内でファイルの作成日時等でソートして置く必要があります)

パラメーターの選択

上の画像のように、事前にファイル名を取得して変数に格納/保存しておく必要があります

1/3

名前を変更するファイル

ファイル名を格納した変数を設定します

追加する番号

既存のファイル名を活かす場合にはオンにしておきます(オフにした場合は連番以外に付けるファイル名を指定します)

名前の変更の方法

連番にするを設定します

追加する番号

連番を既存のファイル名の前に付けるか、後に付けるかを設定します

2/3

開始番号

ファイル名につける開始番号を設定します

増分

各ファイルに付ける連番の増分を設定します

区切り記号

既存のファイル名と連番との間に付ける記号を設定します

3/3

パティングを使用します

オンにすると連番を指定桁まで0を詰めます

各番号の最小長

0を詰める場合の桁数を設定します

ファイルが存在する場合

ファイルが存在している場合には「上書き」するか「何もしない」を設定できます

サンプル

フォルダやファイル名等の設定を変更する必要があります

ファイルを待機します

詳細はこちらを参照願います

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

ソルバーによるシミュレーション6~マクロ編・操作~

 今回は、前の回にて作成した2つのマクロを書き換えて、本格的にソルバーを動かすマクロを作成します

前回作成した2つのマクロは、作成条件が次の3つの項目で違っていました

➀目的セル、変数セル、及び制約方法を指定するセルの行位置

目標値の設定の仕方;シナリオ1/「最大値」、シナリオ2/「指定値」

制約方法の指定:シナリオ1/「<=」、シナリオ2「>=」

記録したマクロのコードを比較して、上記の違いがどう反映されているかを見てみましょう!

シナリオ1

シナリオ2

上がシナリオ1で下がシナリオ2です

おおよそ、黄色の目印を付けたうち、どこが「変数」で置き換えられるか見当がついたと思います

変数で置き換えられる箇所をまとめると、次の通りになります

・SolverOK➡SetCell:「目的値のセル」

      ➡MaxMinVal:1は最大値、2は最小値、3は指定値

      ➡ValueOf:指定値がある場合に指定(無い場合は0)

・ByChange➡「変動する値:値範囲」

・ SolverAdd➡CellRef: 「制約条件の範囲」

      ➡Relation:制約方法の指定

       *下の図の順番で指定:etc 「<=」は1、「=」は2)

      ➡FormulaText:制約条件の指定           

今回は前回作成したシナリオ1マクロを以下の3つ、

1.SetCell(目的セル)、2.ByChange(変数セル)、3CellRef(制約条件セル)

それぞれを変数で置き換えてマクロを動かせるようにしましょう!

1.範囲を指定できるようにしておく

今回はC2セルで1を選んだら上の行を操作する(前回のシナリオ1)、2を選んだら下の行(前回のシナリオ2)を操作するようにします

次の2.ではシナリオ1の前に、IF構文を配置し、C2セルに応じて前述の1~3の範囲を動かせるようにします

If mySheet.Range(“C2”).Value = “1” Then ~ else ~

2.マクロに変数をセットしてマクロを実際に動かす

➀If構文で変数を可変にする

②ソルバーのコードに変数を設定する

各X1、X2を1に直しながら、マクロを試してみてください

<まとめ>

 今回は、前回操作した記録マクロの範囲(以下の3つの範囲)を事前に指定できるようにしました

1.SetCell(目的セル)、2.ByChange(変数セル)、3CellRef(制約条件セル)

 次回はいよいよ、ループ処理により、複数のシミュレーションを一気に走らせることができるようにします!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村