タグ別アーカイブ: OR条件

IF 式の中でOR条件とAND条件を使う方法~Power Query~

IF式の中にOR条件とAND条件を組み入れて、条件式をうまく構築しよう】

Power Queryのカスタム列ではIF式を活用することができます

過去の記事でも紹介しましたが、IF式を複数ネストすることもできます

今回の記事では、IF式の条件式にAND条件とOR条件を使用する方法を紹介します

ポイントは何気にANDORの大文字と小文字の区別です

OR条件

下の画像には「A,B,C,D,E,F,G」のいずれかが含まれた文字列を含む列があります

「A」または「B」の文字列を含む場合には「true」をIF式で出力してみましょう!

If式の中にはText.Contains関数を使用します

このM関数は指定文字が含まれている場合には「true」を出力します

以下が今回のIF式です

if (Text.Contains([文字列],”A”)=true) or (Text.Contains([文字列],”B”)) then true else false

OR条件は小文字の「or」で指定する点は注意が必要です

AND条件

今度はAND条件にて「A」且つ「B」を含む場合には「true」を出力しましょう

今回もAND条件の指定を小文字にする点は注意です

if (Text.Contains([文字列],”A”)) and (Text.Contains([文字列],”B”)) then true else false

これでAとBを両方含む1行目だけがtrueと出力されました

<まとめ>

今回はPower QueryのIF式内にAND条件とOR条件を指定する方法を解説しました

なるべくIF式はすっきり記述した方がいいので、()を入れて条件式を明確にする工夫などを行って行きましょう

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ