文字列から空白を取り除く_Power Query

 文字列に空白が入っていて処理に困ったことってありませんか?

 そういったデータに限って、大量にデータ数があったりするので手で処理するには困りますよね

 エクセルの関数で処理しようとすれば、TRIM関数で空白を行うことができます

 但し、あくまで関数なので、”データの再利用性(値コピーで利用するしかない)”、”関数を入力する手間”を考えると、Power Queryで行うほうがずっと楽です

 例えば、以下の画像のような文字データがあったとします。最大で3文字しかないように見えますが、実は空白文字が入っているので、文字の長さが10文字あります 

では、上記の画像の文字列から、Power Queryで空白を取り除いてみましょう!

1.Power Query Editorを立ち上げる

➀データ上にカーソルを置いて、データタブから”テーブルまたは範囲から”をクリックする

➁テーブル作成のポップアップが出たらOKを押す

2.トリミングを行う

 Power Query Editorが立ち上がったら、ⅰ)変換⇒ⅱ)書式⇒ⅲ)トリミングの順番でクリックする(!トリミングを行う列を選択しておく)

3.Power Query Editorの内容をシートに出力する

 ホームタブにもどり、”閉じて読み込む”をクリックする



シートに出力した文字列の長さを調べてみましょう!空白が取り除かれているはずです

<まとめ>

 今回のように空白を取り除くなどの処理は、関数で処理するなどの方法より、Power Queryで行うほうが圧倒的に処理時間は早いです。Power Queryについては初級講座も行っていますので、ぜひご参照ください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です