Power Queryをクラウドで活用する方法~Power Automate使用~

****** ガッツ鶴岡のUdemy講座 ******

「とても簡単!明日から即使えるPower Query・表変換レシピ集」

詳細

*たとえセル結合があっても、たとえ2行1組のデータであっても、規則性の高い表に変換するためのレシピを用意しています!!

****************************

【Power QueryをOneDriveなどのクラウドのエクセルでうまく活用する方法を解説します!】

クラウドがビジネスの主戦場になってきた今、Power Queryをクラウドでうまく活用できないか?という声を最近聞くようになりました

「Power Apps/Dataverse」「Power Automate」をうまく使用すれば、Power Queryをクラウドでも有効活用できます

ポイント

Dataverse

Dataverseでテーブルを作成する際、データソースにエクセルを指定するとPower Queryを使用した、データフローが作成されます

つまり、クラウド上のエクセルを触るわけではないですが、Power AppsではエクセルをデータソースにしてPower Queryを使用できます

Power Automate

Power Automateはクラウドで使用するRPAです

Power Automateでデータフロー/Power Queryを使用して作成したテーブルを、OneDrive上に転記することができます

ですので、Power Apps/DataVersexPower Auttomeの組み合わせをすれば、クラウド上でPower Queryを活用できます

データフローの作成

まずはテーブル画面からインポートを指定します

次にデータソースを「Excelブック」で指定します

データソースを指定したら、OneDrive内のファイルを指定します

次に取得元のテーブルを指定します

ここからはPower Queryエディターが立ち上がります

エクセルでPower Queryエディターを操作する場合は、クエリを作成後、読み込み処理を行います

Dataverseの場合には、読み込みではなく、既存のテーブルへのマッピング(列の割り当て)を行います

ただし、作成済みの既存のテーブルにマッピングするのではなく、全く新しくテーブルを作成する場合には「新しいテーブルに読み込む」を指定すればOKです

ちなみに「読み込まない」を指定して、データフロー上だけでテーブルを使用することもできます

Power Automate

こちらでは、要点を抜粋して記事を書かせて頂きます

データフローを更新するには、「データフローを更新する」アクションを使用します

データフローを更新した後に、OneDrive上にデータフローで更新したテーブルの内容をコピーするには、まずは「行を一覧にする」アクションを使用します

一覧にしたテーブルの各行は、繰り返し、OneDrive上のエクセルに追加します

<まとめ>

今回は、クラウド上でPower Queryを活用する方法を解説しました

Power AppsではPower Queryエディターを使用できるのでとても便利です

今回の記事ではPower Automateに関しては、要点を抜粋して記事を書かせて頂きました

実際には、使用したい内容に合わせて調整が必要です

例えば、データフローを更新すると、自動的にデータがテーブルに追加されます

ですので、時には、テーブルを削除するという対処方法が必要な時もあります

後、データフローを更新した際に、待ち時間を設定する必要も時にはあるかと思いますので、この点を意識しておく必要があります

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です