日記:立体的エクセルスピードメーターグラフ

こんにちは、Excellent仕事術のガッツ鶴岡(@atsushi1039)です

 今日は、題名にあるように立体的なスピードメーターグラフを作成したので、自分の備忘録もかねて記事にします

立体的スピードメーターグラフ

次回、エクセルダッシュボードを作成する時にはこちらのグラフを入れたいと思います 

作成のポイントは3つあります

1.下地の作成

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

図形の弦から2つの下地を作成します

この時、線を太くしておきます

2.針

スピードメーターの針は、グラフの角度を0にしても作成できることが分かりました

その代わり、針部分の線を太くすれば、本物のメーターの針のように見えます

3.立体的に仕上げる

全体を立体的に魅せるために2種類の「図形の効果」を使用します

1つは透視投影です

2つ目は反射です

これらの2つを組み合わせると立体的に仕上がります

この立体的スピードメーターグラフを活かしたエクセルダッシュボード作成を行ってみます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です