Power Queryって??2

前回

”本来は表計算ソフトであるエクセルにAccessのデータベース管理機能を加えたもの” として、代表的な機能を組み合わせて活用例(結合やピボット解除、マージ等)を紹介しました

今回はもう少し細かい特徴も紹介したいと思います

今回、紹介するPower Queryの特徴は関数を不要にする機能です

Power Queryはスマホのように直感的に操作できます。直感的に操作して関数を不要にする事例を1つ紹介します

<区切り文字でデータを分割する>

もし、次の様なデータを”-”で区切る場合には通常なら”区切り位置”の機能を使うと思います

ところが、データを都度、追加していく場合には複数の処理が必要な”区切り位置”機能を使うのが面倒なので、関数を使うことになります

上の画像だと3つの種類の関数を使っています

とても、作成が面倒ですし、管理も大変です

ところが、Power Queryだと実に簡単に区切り処理ができます

下のGIFはPower Queryでの処理です

テーブル更新するだけで、区切りが行われています

実は事前にテーブルへ区切り処理を埋め込んであります

➀テーブル上にカーソルを置いてPower Qeryエディターを起動する

②Power Queryエディタ上で変換タブから”列の分割”を指定して読込処理を行う

実はこれだけです

とても直感的だと思います

<最後に>

今回は関数を置き換える例としては、特殊な事例だったと思います(FIND関数を知っている人もそもそも少ないと思います)

もっと標準的な機能としてはPower Queryエディタ上にこんな機能があります

指定した列を四則演算するものです

これを使えば関数を使用する必要性はあまりありません

ちなみに行の合計はテーブル自体で行うことが可能です(過去記事

ぜひ活用してみてください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です