ソルバーによるシミュレーション~設定~

こんにちは、Excellent仕事術ガッツ鶴岡です

さて、あなたの周りで数字に強いと言わている人はどんな人でしょうか?

「数字が頭に入っている」

「計算が早い」

この数字が強い人の定義には、様々な意見があります

 一つだけ確実に言える事は、組織の目標達成に向けたシミュレーションができている人は最強に「数字に強い人」です

「目標達成には商品Aを最低でも○○円以上販売することが条件」

「仮に利益率が□□%以下だとした場合には・・・」

****** Sponsered Link ******

これだけ知っていれば大丈夫!プログラミング入門以前の基礎知識 3,755人の受講生、点数4.2

****************************

 しかも、前提条件や制約条件を「数字」をまじえて言われると凄い説得力があります

 実は、エクセルにはソルバーという強烈なシミュレーションマシンがあるのをご存知でしょうか?

意外とあまり知られていないようですが、ソルバーはとても便利なんです。

 ソルバーを使いこなせば、プレゼンや会議中に、その場で複雑なシミュレーションを実施することができます

そして、その活用機会も、給与昇給額、商品別必要生産数など様々な分野であります!

しかも操作はとても簡単なんです!

ぜひ、ソルバーを使いこなして「数字が強い」人と言われるようになりましょう!

 これから、実際にソルバーを使用してどの程度のシミュレーションができるのかを見て頂きます

 ソルバーはマクロでも動かすことができます

「実演」は、マクロで行います

実演する、シミュレーションの内容は次の通りです

①今期の売上総利益が「675」⇒来期は「1000」にしたい

②部門がA、B、Cの3部門があり、それぞれ利益率違う

「利益率が一番高いA部門」の売上増加率は「?」%必要か?

シミュレーション実施前のエクセル画面

では目標の「1000」を上の画面の左上①に設定し、「目標・売上総利益」ボタンを押してソルバーを実行します

 上のGIFでは見えていませんが、マクロを実行した後にソルバーが起動しています

 しばらく計算に時間を要しますが、計算が終わった後はスピードメーターの針が振れているのが分かると思います

 上の例では何も制約条件を設けていませんが、実際にはA部門の増加率は”50%まで”、などの条件を追加できます。

では、本格的なソルバーの解説に入ります!

今回は、まずソルバーをご自身のエクセルで活用できるようにしましょう!

 通常のエクセル画面では、ソルバーは使用できるようになっていませんので設定が必要になります

 ソルバーの設定は、次のショートカットキーを押すところから開始になります!

  “Altキー+TI”

このショートカットキーを押せば次の画面が出てきます(ちなみにIはアルファベットのIです)

*他にはファイルタブからオプションを選択してから設定する方法もあります)

ソルバー設定

ソルバーアドインにチェックを入れてOKボタンを押しましょう

そうすれば、データタブの下から”ソルバー”が選べるようになっています

では、次回はソルバーを使って簡単なシミュレーションを行ってみましょう

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です