クエリのマージ~中級編1回目~

今回から、中級編をはじめます

初級編では、データを読み込むだけでした

中級編では、関数やVBAを使わずにデータ編集していきます

このデータ編集手法を身に付ければ、様々な箇所から集めた大量のデータを”サクッと”処理できるようになります!

次回から2回は、関数やVBAを使用した場合には作成が少々、面倒そうな表を サクッと2つの表を組み合わせて作成する方法を紹介します

今回は、次の回から主に使用する技術の概要だけ紹介しておきます

1.クエリのマージ

イメージとしては下の図のようなことを行います

関数で言えば、VLOOKUP関数も同じような事ができますが、クエリのマージでは、VLOOKUP関数と比べて、次のようなメリットがあります

・他の表から抽出する項目が多く、データ自体が大量な場合

   ⇒ワンクリックで処理できる

・VLOOKUP関数の場合は参照する値の位置が左にないと使用できなかった

   ⇒位置は関係なく処理できる

実際にマージを行う画面は、以下の画面になります

2.計算処理

Power Query上で、2つの表を組み合わせた計算処理が簡単に処理が行えます

四則演算であれば、対象となる列を指定するだけです

SUMIFやSUMIFSなどの、関数であれば条件設定が伴う、少しややこしい計算も、直感的に計算処理が行えるようになっています

では次回から2回に分けて上の2つの技術、1.クエリのマージ、2.計算処理を中心に解説を行って行きます!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です