タグ別アーカイブ: イベントプロシージャ―

ピボットテーブルの役割を変えよう Part4~更新は不要2~

今回は実際に以下のGIFのようにピボットテーブルを更新不要にしましょう

GIF1

前回、更新不要にするのにイベントプロシージャ―を使う旨は少し触れました

今回は1.イベントプロシージャ―を活用するコードの入力画面を立ち上げる、2.実際にコードを入力する

の手順で行いましょう

2.で入力するコードはコピペで済みます

アイコン

サンプルファイル 21.13 KB 7 downloads

...

1.イベントプロシージャ―を活用するコードの入力画面を立ち上げる

ここは前回説明した通りです

GIF3

データ元、つまりデータの更新が起こるシートのシート名のところで右クリックして”コードの表示”をクリックしてください

2

2.実際にコードを入力する

まず、上の2つの欄を変更します

左側:(General)⇒Worksheet

右側:⇒SelectionChange

GIF4

これらの変更の後にエクセルシートに変更を加えると、事前に設定した指示(上の画像ではPrivateとEnd Subの間の記述)が動くようになります

この”更新を不要”にする為の事前の指示は以下のようにコードとして書きます

<Activeworkbook.refreshall>

実はこれだけです

6

もう少し、この仕組みについて解説すると

ピボットテーブルは直接、データから作られているわけではなく

データとは別などころにCacheを作っています

このCacheをイベントプロシージャ―の仕組みで更新(Refresh)してしまうのです

今回は以上です

次回、もう少し本格的な方法を解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

ピボットテーブルの役割を変えよう Part4~更新は不要1~

ピボットテーブルでやっかいなのは元データを変えたら必ず”更新”処理が必要なことです
1

これを忘れると大きなミスにもつながりかねません

このパートではこのやっかいな更新処理をVBAのイベントプロシージャ―を使って”不要”にしてしまいます

GIF1

この回では簡単にVBAのイベントプロシージャ―機能の概要について解説します

(イベントプロシージャ―の詳細な解説は他のサイトに譲ります)

ピボットテーブルの元データがあるシートのシート名のところでで右クリックするとコードの表示というのが見えます

2

ここを押すとイベントプロシージャ―の画面が立ち上がります

GIF3

この立ち上がった画面の上に2つ箱が見えます

この左側を”Worksheet”にすると右側で色々なものが選択できるようになります

3

4

これらが何かというと

何らかのイベントが発生した際、次の動きを指定、設定できるものなのです

では次回、本格的に更新不要処理を設定しましょう

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村