タグ別アーカイブ: フォント

色の工夫やアイコンによりテーブルにメリハリをつける~条件付き書式~

【今回は、エクセルの条件付き書式の仕組みをPower BIで実現して、テーブルをメリハリがついたものにしましょう!】

エクセルで条件付き書式により、基準を作成して色を変えたりアイコンを挿入したことがある方も多くいいらっしゃると思います

Power BIでも条件付き書式は簡単に行えますので、ぜひ活用してみてください

バーの挿入

では下の画像の「売上金額の列」にグラフでいえば横棒グラフを挿入してみましょう!

ビジュアル>セル要素>設定の適用先>系列から対象とする列を選択します

次にデータバーをオンにしましょう

この時点で既にバーがテーブルに挿入されます

修正は下の画像の「関数マーク」から行えます

こちらで色などを選択できます

信号などのアイコン

アイコンはこちらから挿入できます

上の画像の関数マークをクリックすると下の画像の画面が立ち上がります

こちらの画面で各種設定をするわけですが、デフォルトではアイコンのレイアウトが「データの左側」になっています

こちらは「データの右側」に変える方がおすすめです

次にどの値範囲の時には、どのアイコンにするかについて「ルール」で指定をします

デフォルトでは「パーセント」の設定になっていますが、こちらは数値に設定し直しておいた方が無難です

注意点としては数値の範囲指定方法が限定的です

範囲指定の最後にて「~以上は・」という指定の仕方ができず「~まで」となってしまいますので、ダミーでありえない数値(例:前期比で900%など)を指定しておきましょう!

フォント・背景など

フォントや色なども条件に応じて、色を変えることができます

こちはデフォルトではルールではなくグラデーションが設定されています

グラデーションでは、数値の大小に応じて色の濃さが変わる仕組みになっています

このグラデーションでも構わない場合もあるかと思いますが、数値が「マイナス」の場合はフォントの色を赤にする場合などは「ルール」に変更する必要があります

グラデーションからルールに変更すると、数値の設定範囲を指定する画面が出てきます

<まとめ>

今回はPower BIにて条件付き書式を設定する方法を解説しました

エクセルと基本的に設定方法は同じですが、何点か全く違うところもあります

・設定列は「系列」で指定する

・グラデーションを場合に応じてはルールに変更する

この点は十分注意が必要です

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

魅せるフォント・テンプレート

ただのフォントでもこれだけ数字を魅せることができます!

Webdings、Wingdingsなどのフォントにはプレゼンに活用できる文字がたくさんあります

人と違う一味を加えたい時に覗いてみると思わぬ出会いがあるかもしれませんよ!

下のサンプルファイルにはお天気文字も入っています

アイコン

フォントWork 10.84 KB 12 downloads

...

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

メリハリが効きすぎのカラフルメーター・テンプレート

グラフにゾーンを設定することで目標の達成度合いをメリハリを効かせて表示できるようにしました。

大きな矢印マークが達成度合いに応じてゾーンの上を動くので、見る人に大きなインパクトを与えるのは間違いないです

ちなみに、Windingsという特殊フォントを使って、更にグラフにインパクトを加えてます

ゾーンの値は計算シートの以下の部分で変更できます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

イラストのようなフォントを使いこなす

今回は無味乾燥な表にメリハリとパンチを付け加える小技を解説します

下のGIF画像のGoodマークBadマーク、実はイラストでなくてフォント、つまり文字なんです

フォント

こちらは特殊なフォンをエクセルダッシュボードに組み込んでいるのですが、これは下の画像の表から抽出する仕組みになっています

キャプチャ1

数式バーにDDと入っていて、おや?と思われる方もいらっしゃると思いますが

これWingdingsっていう、れっきとしたフォントなんです

どこから引っ張るかというと、”挿入タブ”から記号と特殊文字を選んでください

次の画面が出たら”フォント”のところから選べます

キャプチャ2

どれもとてもキャッチ―なので、無味乾燥な表にメリハリを付けるのにとても便利です

ちなみに下のお天気マークは”Webdings”っていうフォントから引っ張りました!

キャプチャ3

ちなみにWingdingsには2と3もあります

イラストのようなフォント!、一味違う資料作りをするのに、ぜひ活用してください!

次回はタイムラインについて解説します


にほんブログ村