タグ別アーカイブ: BI

ワンクリックで詳細を深堀できるようにする~ドリルスルー機能~

【問題個所を深堀するドリルスルー機能を作成して、ダッシュボードを実用的なものにしましょう!】

数字が落ち込んだ時、上がった時に必要なのは「なぜ落ち込んだのか?」「なぜ上がったのか?」を把握することです

Power BIではドリルスルー機能という便利機能により、別ページで数字が動く理由をつかめるようになっています

上のGIF画像では1ページ目にて、円グラフ内にある3商品の中から深堀する商品を選択した後に、2ページ目で該当商品の時系列の動きを確認できるようになっています

ドリルダウンとは何が違うの?

と思う方もいらっしゃると思いますが、ページ内で機能するドリルダウンと違い、別ページに展開するのがドリルスルーと思ってもらえれば幸いです

詳細ページの準備

まず詳細な項目として見たいコンテンツ/ビジュアルを配置したページを作成しておきます

ドリルスルー項目の設定

下の画像の黄色に印をつけた箇所にて、詳細に見たい切り口を指定します

切り口として「商品」を指定したら該当商品の、「年」をしたら該当の年の内容のみがドリルスルーを設定したページの表示内容になります

フィルター項目の調整

ドリルスルーを行う際にフィルターをかけていると、フィルターした項目はドリスルーを設定したページに引き継がれます

上のGIF画像ではフィルターを行った事業年度月がドリスルーを設定したページに引き継がれています

このフィルターの引継ぎを行いたくない場合には、下の画像の箇所をオフにします

もちろん、フィルターの調整を行うのではなく、ドリスルー設定項目を複数指定することも可能です

複数指定する際には、単純に追加したいドリルスルー設定項目を下に重ねてください

ドリルスルー設定項目の表示

ドリルスルーする際に選択した項目を明示するには「SelectedValue()」というDAX式を使用してメジャーを作成します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

DAX使用時に罠に陥り易いところ~Power Pivot、Power BI~

今回の記事では、DAXを使用していて罠に陥り易いところを解説します

DAXは登場してまだ日が浅く、あまり事例が溜まっていないこともあるので、まだDAXを始めたばかりの方は

「あれ、なんでうまくいかないんだろう・・・」

ということも多いと思います

特にリレーション関連では不可解に感じることもあるかと思います

この記事では、自身の経験も含めて「思わぬところでハマった」箇所を解説していきます

ポイントは次の5つとなります

・データ変更時の更新処理

・DAX式の()の数の確認

・事業年度の月次の並び

・1対多の関係性の確認

・Power Query内のデータ形式の確認

更新漏れ

これは物凄い単純なのですが、急いでいる時などにハマる方もいらっしゃると思いますので紹介します

例えば、上の画像のように空欄があるデータがあり、後から元データの空欄を埋めたとします(✕✕物流

ところが「Power Pivot for Excel」の画面には反映していないので「なぜだ?」というケースがありました

元のデータを変えた場合には下の画像の黄色の箇所「最新の情報に更新」にて更新処理を必ず行いましょう。すぐに元データの変更が反映されます

【)】の抜け

意外とエラーの原因が分からないのが左括弧/に対応する右括弧/)の抜けです

特に変数を使うケースなどは分かりにくいです

赤字の波線が出たら、落ち着いて「赤字の波線」がではじめたところのの組み合わせを観察しましょう

下の画像では黄色の箇所でがぬけています

事業年度の月次表示

日本では多くの事業年度は4月から翌年の3月までです

その際、IF式を使って事業年度を調整する方も多いと思います

ところが、月の表示を組み合わせると下の画像のように「1~3月」が思うような位置に並びません

上の画像の場合で言えば、本来は2021年度は4月から始まり、1~3月は最後に回って欲しいのです

この場合は、事業月を「yyyy年MM月」を表示する月を作成した方が早いです

下の画像では「FORMAT」を使用して表示を「yyyy年MM月」に変えています

これで月の表示も狙い通りになります

リレーションが効いていない

DAXを使う際に、厄介なことの一つがリレーションが効いてない時の対処です

リレーションが効いていないと、全て同じ数字になるなどの状態になります

この場合は下の画像のようにアラームは出ています

この様なときは丁寧にリレーションの状況を確認して、の漏れを見つけましょう

リレーションの線が破線になるケース

しっかり抜け漏れなくリレーションを作成しても、リレーションの線が破線になり、リレーションが有効にならないケースがあります

中にはうっかり「非アクティブ化」をクリックしてしまい、波線になっていることもあるかと思います

これはDAXを始めた頃は解決方法が分かりにくいかと思います

後、原因が分かりにくいのが次の画像のケースです

上の画像では「▶」の向きがになっており、本来「1」は予定表の方についているべきなのです

この矢印の逆向きの話しについては「1対多」の関係を考慮する必要があります

特に管理画面ではなく、2つのテーブル間でクリック処理によりリレーションを作成する場合に注意が必要です

ちなみに上の画像内のは「多」という意味です

下の画像は注文データテーブルとカレンダーテーブル(グレーの線)の組み合わせになっています

カレンダーテーブルには「2019/04/02」はつしかありません

一方、注文データテーブルには「2019/04/02」が複数存在します

ですのでカレンダーテーブルの「2019/04/02」を「2019/04/02」が多数存在する注文データテーブルの方向に紐づける必要があります

上記の説明が、少し分かりにくいと感じた方は次のケースで考えてみてください

カレンダーテーブルに多数「2019/04/02」が存在し、紐づけようがなくなってしまう場合です

上の画像のように本来は1になっているべきカレンダーテーブル側に「2019/04/02」が複数ある場合、カレンダーテーブル内のABのどちらを注文テーブル側の「2019/04/02」と紐づけたらいいか分からないですよね

つまり、紐づける方向は多ではなくからになるということです

では、具体的にリレーションの線が破線になっているのを修正したいと思います

1になるカレンダーテーブルの予定表から注文データに線を引っ張ります

こうすることで正しいリレーションを作成することができます

正しくリレーションが作成できている場合にはリレーション管理画面は次のようになっています

1の方がにありますので、この点もご注意ください

リレーションの方向が一致しているのにリレーションが有効にならないケース

Power Queryで作成したクエリをデータモデルに追加した場合には、クエリ内のデータ形式が一致せずに2つのテーブルが紐付かず、リレーションが効かないケースがあります

このケースが一番、罠にハマるパターンの中で原因に気づけないケースです

但し、データ形式を変えればあっさりリレーションは有効になります

これはAccessと違い、テーブルを構築する際にPower PivotやPower Queryの場合にはデータ形式を設定する必要がないことと深く関係があります

下の画像は、Accessの画面ですがテーブルを作成する際の画面です

こちらは、Power Queryエディタの画面です

Power Queryではデータ形式は変更できますが、基本的には自動設定です

特に日付データの場合は型式が「テキスト」でも「日付」でも見た目が一緒なので、既存のデータモデルとの型式の違いに気づきにくいです

ですので、特にカレンダーテーブルとのリレーションを作成する時にはPower Query側の日付形式にはご注意ください

<まとめ>

今回はPower PivotやPower BIでDAXを使用する時にハマりやすいものを、小さいものから大きい物まで幅広く紹介しました

ポイントをまとめると次のようになります

・データ変更時の更新処理

・DAX式の()の数の確認

・事業年度の月次の並び

・1対多の関係性の確認

・Power Query内のデータ形式の確認

ぜひ上の5つを意識しながら、DAXを活用してみてください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

受付終了【緊急企画】Power BI Desktop勉強会

今回、Power BI Desktopの勉強会を行います

Power BI Desktopの凄さは、

①データを直感的な操作で一元管理・変換をできる(Power QueryエディタやDAX,メジャーも可)

②こちらもピボットテーブルのような操作で「数字を魅せる」ことができる点です

バー・チャート・レースのような動くグラフも簡単に作成できてしまいます

ぜひこの機会にPower BI Desktopの魅力に触れてみてください

https://youtu.be/GTAbnneoJH4

日時:11月20日20時~(45~60分程の予定)

内容:データ取得からバー・チャート・レース作成まで

使うツール:Power BI Desktop

対象者:BIを使ったことが無い人

定員:3名

参加条件:参加前にPower BI Desktop をインストールしておいてください

・Power BI Desktop
Microsoft社のサイトからインストールしてください
https://powerbi.microsoft.com/ja-jp/desktop/
*Power BIサービスとは違いますのでご注意お願いします

*参加無料

参加に当たっては以下のアンケートへの回答をお願いします

アンケートに回答を頂いた方にZOOMのURLをお送りします

尚、オンラインで勉強会を行いますが、原則、顔出しでお願いします

アンケート↓

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfIkh683t6q0uciGwIc4xYDuvHFL4Q5Q9hpslLvqm5Bn_JgTw/viewform?usp=sf_link

Excellent仕事術・鶴岡


にほんブログ村

この1年で見られた記事

平成もとうとうおわり。そして10連休の初日。細々と続けてきたblog記事の振り返りをしたいと思います。これからはPower Queryの時代ですね

●この1年で見られた記事

1.スピードメーターグラフを作成しよう

見る人に”数字のインパクト”を与えるという点では最高のグラフだと思います

そして、作成する側としては”どうやって作成するのだろう?”という好奇心もそそるものがあると思います

作成の仕方自体はとてもシンプルです

下の円グラフのグレーの部分の色を透明にしたら”黄色の針”が残ります。

この針を動かす仕組みを作成していきます

記事はこちらから⇒スピードメーターグラフを作成しよう

2.Pivot&Table

エクセルのピボットテーブルとテーブルを使いこなせば、データの活用の仕方が格段に進化します

もし、日常的に行数が多い表のある列に対して、2行目から最終行まで同じ数式を打ち込んでいる人がいたらぜひテーブル機能を使ってください。1行分だけ数式を打ち込めば全ての行に数式が反映されます

ピボットテーブルについては、使い方自体の提案をしています。

従来のピボットテーブルはあくまでデータを集計する為に使われていると思いますが、実はピボットテーブルそのものをビジュアル化することができます。

もし、ピボットテーブルで集計したデータを表に打ち込んで前期比などを計算している人がいたら、ぜひブログ記事を見てみてください。そのままピボットテーブル上で前期比を計算しつつ、プレゼン用の表にする方法を解説しています

記事はこちらから⇒Pivot&Table

3.エクセルダッシュボード

あまり日本では馴染みがないと思いますが、海外ではVBAと同じくらい講座があります。

エクセルダッシュボードとは何かというと、一言で言えば、飛行機のコクピットのように一目で組織の目標達成に必要なデータを把握できるようにするものです

詳細は各ブログ記事を参照して頂くとして、ここではダッシュボード関連記事の中でもアクセス数の多かったものを紹介します

➀スマホのようなダッシュボード

最終行を探す旅を続けさせるような資料ではなく、見たいデータのみを切り分けて表示できるようにしたダッシュボードです⇒ブログ記事

②オプションボタンを活用したダッシュボード

オプションボタンを活用して、”今、何を説明しているのか?”を明確にして聞き手を迷わせないダッシュボードです⇒ブログ記事

下のGIFでは3社の経営指標をオプションボタンの指定により、入れ替わり表示しています

●これから書きたい記事

エクセルを軸としたAccessとの連携、もしくはRPAとの連携については物凄い可能性を感じています

特に連携技術の一つとしてPower Queryについては特に注目しています

(一部は日記として記事を書いています⇒ブログ記事

関数やVBAについてあまり知らないユーザーでも、Power Queryで業務を大幅に改善できる可能性を秘めています

こちらについては今現在、記事を準備しているところです

後、スピードメーターグラフについては、デザイン性の高いグラフの作成の仕方についても解説記事を書こうと思っています(テンプレートはこちらからダウンロードできます⇒ブログ記事

以上、長文になりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

条件付き書式2~アイコン表示~

前回は条件付き書式を使ってセルの中にグラフを作成する方法について解説しました

今回はセルの値に応じて、グラフィックなアイコンを表示する方法を解説します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 17-3.jpg

では1~6まで順に解説していきます!

1.アイコンを表示する範囲を選択しておく

前回と同じ様にまずは、条件付書式を設定する範囲を選択します

2.”新しいルール”を選択する

条件付書式を設定する範囲を選択したら、ホームタブで「条件付書式」のマークをクリックします

次に下の画像のように「新しいルール」をクリックします

3.書式スタイルから”アイコン”を選択する

次に表示された画面では、書式スタイルを「アイコンセット」に指定します

4.アイコンスタイルを指定する

アイコンスタイルは実に色々な種類がありますが、今回は信号を選択します

5.値範囲を設定しま

値によってアイコンの表示を変えれるように、下の画像の値を設定します

上の画像では、0.5以上で緑の信号が表示できるようになります

ちなみに、上の画像の「数値」の箇所に黄色の印を付けておきました

こちらは通常では「%」の表示になっていますので、必ず「数値」に変えておきましょう

6.アイコンのみ表示

5で値を設定したら、下の画像のようになっています

セルの中に値がまだ表示されていますので、下の画像の「アイコンのみ表示」のチェックを外します

これで完成です!

<まとめ>

今回は、条件付書式でアイコンを表示する方法を解説しました

アイコンの種類は信号以外にも様々なものがあります

ぜひ色々と試してみてください!

次回からはカメラ機能について解説していきます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

にほんブログ村

ExcellentなDashboard作成演習#1 ~スマホ編 2回目~

前回の記事はこちらから

今回は全体構成について説明します

まずは概要を約50秒の動画でご確認ください

https://youtu.be/uGZcQW059TI

一番重要なのは、各シート共通のキーNOを基にして各データを紐づけることです。

それには、事前にピボットテーブルのシートにNOを振っておき、INDEX関数*1とMATCH関数*2を組み合わせてデータを拾い出す仕組みが必要です

INDEX関数1

具体的な解説は3回目で行います。

この回の残りでは、最低限必要な基本設定を行います

kaihatsutabu

まず、スクロールバーを挿入するのに必要な設定を行います

デフォルトではスクロールバーを挿入するのに必要な”開発タブ”は表示されていませんので以下の一連の動作を通じて設定します

”ファイルタブ”をクリックする⇒”オプション”をクリックします⇒”リボンのユーザー設定”をクリックします⇒画面右下にある”開発タブ”にチェックを入れる

開発タブ2

これでスクロールバーを設定する準備が出来ました

次に計算シートの内容をダッシュボードに映す為に”カメラ”の設定を行います

先ほどと同じようにファイルタブから”オプション”を押すと、”リボンのユーザー設定”の下に”クイックアクセスツールバー”が表示されいるのでそこをクリックします

クイックアクセスツールバー

すると、クイックアクセスツールバーをカスタマイズする画面が出てくるので”リボンにないコマンド”を選択します

ribonninaikomando

そして、下にスクロールすると”カメラ”のマークがあるので、追加を押すとカメラがクイックアクセスツールバーに表示されるようになります

kameranotsuika

最後にカメラ設定を一連の動きでみましょう

カメラ2

 

こんな感じです

クイックアクセスツールバーカメラ 

ではまた次回!

 

 

スマホのように魅せるエクセルダッシュボード

数字を見るのは苦痛です・・・

という方は多いと思います。

ましてや会議で虫メガネを使わないと読めないような小さい文字が詰まった資料を見せられるのはとにかく苦痛です

その点、このダッシュボードはスクロールバーで表示内容を表示のボリュームを一定に保ったまま、変えていていけるので便利です!

動画を見て頂くと分かると思いますが、スクロールさせるだけでなく表示内容(販売月)も変えていけます。

全く同じ通りにダッシュボードを作成して仕事で使用したら上司に怒られそうですが、大事なのは”直感的に数字を分かり易く示す”ということです

例えば、右上は表示されていないものも含め、最終的に表示されるのは何行あり、今現在表示されているのはどの辺なのかを”一目”で分かるようになっています

電話でも”用件は3つ”です、と最初に言われると時間を調整しながら会話をしやすくできます

後、重要なのはこれらが全てエクセルの基礎的な技術で完成できることです

たかがエクセル、されどエクセル、エクセルだけでも様々な工夫ができます

そんな工夫が詰まった”エクセルダッシュボード術”を今後も紹介、解説していきます