タグ別アーカイブ: MAX関数

関数をマスターする10~順位付け関数~

今回は数字の順位付けを行う関数を解説します

これらの関数は意外な使い道があり、例えば以下の様なグラフでも活用しています(実は2つのグラフを組み合わせています:詳細

アイコン

順位付け関数 9.74 KB 5 downloads

...

1.最大値(MAX関数関数)と最小値(MIN関数)を抽出する

   MAX関数・・・=MAX(参照範囲)、MIN関数・・・=MIN(参照範囲)

MAX関数
MIN関数

2.上の順位(LARGE関数)、下の順位(SMALL関数)で抽出する

  LARGE関数・・・=LARGE(参照範囲,順位)、

  SMALL関数・・・=SMALL(参照範囲,順位)

LARGE関数

SMALL関数

今回は以上です。サンプルファイルで実際に関数の動きを確認してみてください

次回はスパークラインについて解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

関数をマスターする6~MATCH関数&INDEX関数1~

今回からINDEX関数とMATCH関数の説明に移ります

この2つの関数の組み合わせを覚えると下のGIFのように、スクロールバーの

動きに合わせて、別に用意した表からデータを抽出するような機能を作成

することができます(ダッシュボード演習編はこちらから)

GIF2

ダッシュボードを作成するに限らず、様々な場面で活用できますので

ぜひサンプルファイルも参照しながらしっかり覚えておきましょう

アイコン

MATCH関数&INDEX関数 10.79 KB 17 downloads

...

1.MATCH関数

検索しようとする値もしくはテキストがどの”位置”にあるのかを教えてくれる関数です

下のGIFで言えば、地区が東京・神奈川・・と並んでいる中で検索する値(地区)が何番目の位置にあるのかを教えてくれます

GIF5

MATCH関数を使うのに必要な引数(入力するもの)は以下、3つです

①検索値、②検索範囲、③検索型式

実際に、上のGIFに入っているのは下の関数です

16

①検索値

セルC5(東京)を指定してどの地区を検索するかを指定します

②検索範囲

セルC2:H2(東京・神奈川・・)の範囲を指定します

③検索型式

今回は検索値と完全一致、0を指定します

2.INDEX関数

”指定した範囲”にて”指定した位置”にある値、もしくはテキストを抽出します

GIF8

INDEX関数を使うのに必要な引数(入力するもの)は以下、2つです

①検索範囲、②検索位置

下の画像で言えば、検索範囲の左端から3番目にある温度を検索しています

17

①検索範囲

セルC3:H3(10℃・8℃・・)を指定

②検索位置

セルC6(3)を指定

 

1.2.のMATCH関数とINDEX関数ともに検索範囲は列方向で指定しましたが、行方向でも検索は可能です

 

今回は以上です。単なる説明だと分かりにくいかもしれませんので

ぜひ、サンプルファイルをダウンロードして実際に確かめてみてください

 

では次回はMATCH関数とINDEX関数を組み合わせてみましょう!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

エクセルで弾丸チャートを作成しよう 8回目

今回は前回に案内した通り、前年比と予算比を見やすく表示しましょう

キャプチャ37

本題に入る前に、今回使用するTEX関数とMAX関数を紹介します

まず、TEXT関数です。下記の形で使用します

=TEXT(データ、表示形式)

データのところで、セルなどを指定して、好きな表示に変換します

次にMAX関数です

シンプルに指定した範囲の中で最大のものを表示する、と覚えましょう

=MAX(引数、引数、引数・・・)

では本題です

まず、準備作業として、サンプルの演習シートで3つ列を挿入して”前年比”、”予算比”を下の画像のように、H列、I列にて算出しておきましょう

キャプチャ40

次にH2セルの値をTEXT関数で文字列に変換しましょう

キャプチャ41

何故”#,##0%”の形になるのか、という疑問を持つ方もいると思いますが、ここは割り切って覚えましょう!

H2セルが0%の形になりましたか?

次に&を使って”前年比”、”  | “、”予算比”、そしてI2セルも文字列に変換して組み合わせましょう

キャプチャ42

上記のようになりましたでしょうか?、上記のようになっていればG2セルの数式は

G3、G4にもコピーしておきましょう

そして、いよいよ文字列の組み合わせをデータラベルとして表示したいところですが、前回指摘した通り、グラフに重なることがないように工夫する必要があります

そこでF列にてMAX関数を使います

キャプチャ43

つまり、実績、前年、予算の3つのうち、一番高いものと同じグラフ(系列)を追加して、データラベルを追加するのです。

ここから2つ、作業があります

追加したグラフ(系列)は5回目で解説したのと同じ手法で見えなくしましょう(5回目では誤差範囲だけ表示してグラフ自体は非表示にしました。この回では詳細な説明は割愛します)

そして、表示を消したデータラベルの表示を行うのですが、2つの点を注意しましょう!

まず、データラベルの表示の仕方は”セルの値”を選択して、変換して組み合わせた文字列を範囲として選択しましょう!

キャプチャ44

 

そして、表示位置は”外側上”を指定しましょう

キャプチャ45

どうでしょう?こんな感じになりましたか?

キャプチャ37

これで完成です

最後に

隠れた注意点についてですが、変換して組み合わせた文字列(前年比#%・・・)は変なところで改行になっていたり、上のタイトルや凡例などとぶつかったりしないように下のような微調整はいれましょう

・フォントやデータラベルのオブジェクトの幅を調整する

・グラフの位置自体を調整する(通常、下に調整するのが無難)

ではまた次のテーマでお会いしましょう!