フリーアドイン~目的シートの検索~

エクセルファイルは、データをシート別に区分して管理できる点がとても便利です

但し、あまりにシート数が多いと効率が悪いですよね

ファイルの中から目的のエクセルシートを探したり、目的のシートに移動したりするのはとても面倒なものです

今回、紹介するアプリ(アドイン)であれば、シート名に関連するキーワードでも、シートの検索が可能です

しかも、検索したシートへの移動もワンクリックで行えます!

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

このアドインがあれば、シート間のリンクを貼った目次シートも作成不要ですので、作業効率があがること間違いなしです!!

1.アドインを入手

エクセルの挿入タブから「アドインを入手」をクリックし、「Sheet Explorer」を検索しましょう!

「Sheet Explorer」が検索できたら追加ボタンを押しましょう

追加ボタンを押したら、HOMEタブにアドインが追加されているはずです

もし、入手の仕方がよくわからない、もしくは、実際に使用して見て不明な点がありましたら、こちらの記事もご参照ください

2.「Sheet Explorer」を実行

入手したアドインを実行するには、アドイン自体をクリックします

すると、ファイルに含まれるシートが一覧で出力されます

一覧が出力された後は、シート名を含むキーワードでのシート検索も可能になります

シート一覧
シート一覧取得

3.キーワードでシート検索

検索窓にキーワードを入れれば、自動的に検索が行われます

シート検索

検索が終了した後は、リフレッシュを押せば元のシート一覧が再出力されます

4.シートへの移動

検索したシートへの移動は該当のシート名をクリックするだけで行われます

シート間
シート移動

5.シート内の関数を把握

このアドインが優れているのは、シート内の関数の数や、関数の他シートへのリンク状況も把握できる点です

例えば、上の画像のシートであれば

⇒シート内の関数は他の6シートを参照している

⇒シート内には36の関数がある

ということが分かります

<まとめ>

今回、「Sheet Explorer」で行える機能を3つ紹介しました

ⅰ)シート検索

ⅱ)シート移動

ⅲ)シート内関数の状況把握

ぜひ有効活用して、シート管理を効率化していきましょう

もしシートを追加したり、シートの中に関数を追加したりした場合には、3.で紹介したリフレッシュボタンを押してください

尚、アドインを追加する際には規約等の同意が求められますので、こちらはご確認の上でアドインをご使用ください

他にも便利なアドインを紹介していますので、興味のある方はこちらから!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です