Power Queryって何8???~PDF to EXCEL~

読者の皆さんは、スマホが登場した時に衝撃を受けたと思います

「ネットでレストランを見つけてそのまま予約電話ができる!!」

「直観的で操作が分かり易い」

筆者はPower Queryを登場した時に同じぐらい、いや、それ以上の衝撃を受けました

今回は筆者が衝撃を受けたPower Queryの機能の一つ、PDFファイルのデータをエクセルファイルにダウンロードする方法を、駆け足ではありますが、紹介していきたいと思います

今回、紹介する内容は、今までPower Queryを使ったことが無い人でも取り組める内容になっています

本題に入る前に、サンプルで使用するPDFの中味について紹介させてください

サンプルのPDFファイルは2ページに分かれており、以下のように2ページ内に3つの表があります

 1ページ目⇒2つの表

 2ページ目⇒1つの表

今回の回では、PDFファイルのデータをそのままエクセルシートにダウンロード(読込)するのではなく、ファイル内の3つの表をそれぞれ3つのエクセルシートにダウンロードします!

それでは、本格的な操作について解説を始めます

解説に使用するPDFファイルはぜひ、事前にダウンロードしておいてください

1.PDFファイルを指定

データタブの「データ取得」から「ファイルから」⇒「PDFから」を指定します

次にファイル自体を指定します

2.読込む対象データを指定

こちらはナビゲーター画面で行います

ナビゲーター画面はファイルを指定した後に、自動的に開きます

ナビゲーター画面では、まず、左側にリストで表示される各Table、各ページの状態を確認しましょう

確認した感触からして、ページ単位でエクセルに読込むとゴミデータが入るようです

ですので、ナビゲーター画面の左上「複数のアイテムの選択」にチェックを入れた上で、各テーブルにもチェックを入れましょう!

3.読込処理

読込む対象データを3つ指定しましたので、今度は読込先を指定します

ナビゲーター画面下の「読み込みボタン」の横にある▼ボタンをクリックし、クリック後に表示された「読み込み先」のテキストをクリックしましょう!

「読み込み先」のテキストをクリックした後は、実際に読込先を指定する画面が開きます

この読込先を指定する画面では「テーブル」「新規ワークシート」の2つを指定しましょう!

この読込先の指定については、詳細な内容を解説した記事がありますので、そちらを参照してください

ここまで行えば、PDF内にあった3つの表が3つのエクセルシートに分かれてダウンロードされています

ちなみに画面右にクエリというものが3つできていますが、これはスマホ内のブックマークのようなものだとおもってください

<まとめ>

今回は、PDFファイル内の表をPower Queryを使ってエクセルシートにダウンロードしました(読み込みました)

通常であれば、ファイルと読込対象のデータを指定した後に変換処理が入りますが、そちらは割愛させて頂きました

今回のPDFファイルでは表の読み込みはスムースにいきましたが、PDFファイルの状態によっては、表の体裁を整えるために変換処理が必要なケースがありますので、実際に業務でPDFファイルを読み込む際には注意が必要になります

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です