白黒の印刷資料で魅せるグラフを作るには?第一回_1/2

会議に備えて、カラフルなグラフを入れた資料を作成したのに、いざ、会議で配られた資料は白黒だった・・・なんて経験はありませんか?fe9d93c78fb3d404f2b248b6bece81f5_s

手間暇かけて色を5色使い分けても白黒で印刷をされてしまうと、データの違いが分からなくなったりします

元々、グラフを白黒で印刷する時にはちょっとした工夫が必要なのです

今回を含め、2回に分けて白黒の印刷でも”違い”を示せるグラフ術を解説していきます

まず最初に色の使い方について解説します

****ブログ著者のガッツセミナー****

パワーポイントの標準機能を使い倒して伝わるグラフを作成するレッスン

開催日時のリクエストは柔軟に受け付けます!

***************

グラフ白黒1

上の例だと、白黒だと商品毎の違いが示せなくなってしまいます

こんな時にはグラフのどこかをクリックした後にエクセル画面上の”デザイン”、”色の変更”を選びましょう!

色の偏向

色の変更の中から”モノクロ”というは配色を選ぶことができます

モノクロ画像

すると色の違いによらず、色の濃淡の違いでデータの違いを示すことができるように自動的に配色がされています

グラフ2

グラフ1つ1つをクリックしながら、色を変更するよりとても効率的です

ぜひ、活用してみてください!

 

***Sponsered Link****

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です