グラフを魅せるエクササイズ_3~最大な値を強調する~

今回は関数を使ってグラフを”動的”にします

GIF1

MAX関数とIF関数、この2つの関数を組み合わせて、最大な値を強調する仕組みを作ります。

ポイントは2つあります。データの工夫とグラフ自体の工夫です

2つのポイントに沿う形で、演習ファイルにあるグラフを変更していきましょう!

1.最大の値を別途、データ追加する

****ブログ著者のガッツセミナー****

パワーポイントの標準機能を使い倒して伝わるグラフを作成するレッスン

開催日時のリクエストは柔軟に受け付けます!

***************

GIF2

上の例で言えば、売上が一番高かった地区(東京、大阪、名古屋)だけ最大値の列に”最大値”を表示するようにします。逆に言えば、最大値でなければ””(空白)が入力されているようにします

最大値の列に入力する数式は以下です

18

IF式の中にMAX関数を入れるのですが、MAX関数と売上(C列)と同じなら、C列を、そうでなければ””を出力するようにします

例えば、売上が最大の場合は下のような数式の検証内容になり、

20

そうでない場合は以下のような検証結果になります

19

2.グラフに最大値を追加、及び重ねる処理をする

まず、上のデータの最大値(D列)をグラフに追加しましょう

21

そして、追加された最大値を表示した棒グラフの色を濃くしておいた後に、下のGIFのように”系列”の重なり”を100%にしておきましょう

GIF3

これで最大値を強調するグラフが完成です

それではまた次回!

***Sponsered Link****

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です