ピボットグラフのデザインを変える

ピボットテーブルからグラフを作成した場合には、あまり見た目が良くないですよね?

一方で、ピボットテーブルからそのままグラフを作成できたらとても便利ですよね

データを更新さえすれば、そのままグラフを報告書等の中で使用することができます

今回はピボットテーブルから作成したグラフから、無駄な表示を取り除いて「見映え」を上げる方法を解説します

3

加えてピボットグラフでグラフを作成すると、作成できるグラフ種類が限定されてしまうので、ピボットテーブルのデータをそのままピボットテーブル外で使用する方法もあわせて解説します

ピボットグラフの見栄えを変える

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

実は「見映え」を上げる処理はクリック一つで済みます

上の画像のように「ピボットグラフ分析タブ」⇒「フィールドボタン」とクリックすると「すべて非表示」が表示されますので、こちらのチェックを外すだけです

これで通常のグラフと同じ”見栄え”になります

5

ピボットテーブルのデータをそのまま活用

ピボットテーブルからそのままグラフを作成しようとすると、グラフの種類が下の画像のように限られてしまいます

このような場合には、ピボットテーブルで抽出したデータをそのままグラフデータとして活用するのが望ましいです

 ところが、そのままピボットテーブルのデータを活用すると上の画像のように「GETPIVOTDATA」と表示されてしまいまい、うまく参照ができません

この場合には、ピボットテーブルの上にカーソルを置いたまま「ピボットテーブル分析」タブをクリックして下さい

次に画面右にある下の画像の「黄色に印」を付けた箇所をクリックすると、更にオプションがクリックできるようになります

こちらをクリックすると、GETPIVOTDATAのチェックを外せるようになります

こちらのチェックを外すと、通常のセル参照が行えるようになります

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です