DAXで定量的にランク分けして集計を行う~分析の基本~

【分けることが分析の基本です。DAXを使用して一発で定量的なランク分けを行いましょう!】

今回の記事では修正が面倒なIF式を使わないままDAXで定量的に分類を行います

仮にエクセルで同じことを行うのであれば「VLOOKUP関数(近似値検索)」やIF式を組み合わせて行う必要があります

DAXであれば一つのメジャーをすれば一発で集計できます

使用するテーブル

使用するテーブル:DATAは次のテーブルになります

ランクテーブルの作成

まずはDAXでランクテーブルを作成します

エクセルなどでランクテーブルを作成した上でPower BIに取り込むよりずっと楽です

ランクテーブルの作成には「DATATABLE関数」を使用します

DATATABLE関数は2つのパートに分かれています

1.列の作成⇒列名と列の形式を指定します(例:”NO”、INTEGER:数字形式、STRINGで文字列形式)

2.列の中身の作成⇒{}の中に、更に{}を使用して行を表現します

今回のDAXの中身は次のようになります

RankTable = DATATABLE(

“NO”,INTEGER,”NAME”,STRING,”Min”,INTEGER,”Max”,INTEGER, 

{

  {1,”A”,50,200},  {2,”B”,30,50},  {3,”C”,0,30}

 }

)

ランク分けのメジャーの作成

ランク別にカウント

ここからは前述のランクテーブルを使用してランク別にカウント処理を行います

つまり、DATAテーブルの金額列とランクテーブルの各行を互いに評価する形になります

ですのでFILTER 関数が2つ(DATA、ランクテーブル)出ててきます

Count_by Segment = CALCULATE(

    COUNTROWS(‘DATA’),

    FILTER(‘DATA’,   

  NOT(ISEMPTY(

         FILTER(‘RankTable’,NOT(ISBLANK([金額]))&&’RankTable'[Min]<[金額]&&’RankTable'[Max]>=[金額])

        

      

   )
)

上記に出てくる「ISEMPTY関数」「ISBLANK関数」についてはこちらをご参照ください

ランク別の合計金額

ランク別に合計金額を集計する場合にはCALCULATE関数内でSUM関数を使用します

SUM_by Segment = CALCULATE(

    SUM(‘DATA'[金額]),   

  FILTER(‘DATA’,(省略)

<まとめ>

今回はDAXを使用してランク分けする方法について解説しました

DAX式は少し複雑ですが、一度作成してしまえば何度でも使いまわすことができるのでとても便利です

ぜひ有効活用してみてください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です