DAXを使用して注文数毎に会員を分類する~会員のセグメント~

【IF式をわざわざ重ねなくても、DAXを使用すれば注文数で会員をセグメントできます】

下の画像のようなデータから会員/Customer_IDを注文数でセグメントする場合はIF式やピボットテーブルを組み合わせる必要がありました

OrderData1
アイコン

Order-Segment 133.91 KB 1 downloads

...
****** ガッツの講座 ******

Power BIをはじよう~マンツーマン/対面・オンライン両方可

エクセルに似ているようで、似ていないPower BI攻略のポイントを90分に凝縮して解説します!

****************************

DAXとパラメーターを使用すれば、簡単にセグメントが行えます

ポイント

今回は注文データからセグメントを行いますので、一旦、SUMMARIZE関数を使用して会員番号毎に注文数を紐づけるテーブルを作成するのがポイントです

上記のテーブルからFILTER関数を使い、注文数毎に会員数を集計します

パラメーターの作成

まずはFILTER関数内で、注文数のフィルターに使用するパラメーターを作成します

次の画像で、フィルターに設定する数値範囲を設定します

上記の数値範囲を設定すると2つのものが作成されます

1つは数値範囲を設定したテーブルです

もう一つはメジャーです

こちらのメジャーをFILTER関数内で使用します

セグメントをするメジャーの作成

顧客別注文数 =

①VAR CustomerOrders=   

SUMMARIZE(

‘OrderData1’,

OrderData1[Customer ID], 

“注文数”, 

COUNT(OrderData1[Order ID])

)

RETURN

②COUNTROWS(   

FILTER(

CustomerOrders,

[注文数]=③[パラメーター 値]

)

)

③は前述のパラメーターを作成した時のメジャーになります

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-33-644x63.png

パラメーターで設定した値(1~10)毎(行毎に)に会員を抽出する形になります

FILTER(CustomerOrders,[注文数]=③[パラメーター 値])

会員を抽出したら②の「COUNTROWS関数」でセグメント毎の会員数を集計します

マトリックスの作成

最後にマトリックスを作成します

行には下の画像のパラメーターを使用します

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-32.png

<まとめ>

今回は注文データから、注文数で会員をセグメントしたデータを作成します

エクセルのワークシートで行おうとすればIF関数やピボットテーブルを組み合わせる必要があります

DAXを使用する場合は、FILTER関数をうまく使えば簡単に行えます

アイコン

DAX 0.31 KB downloads

...

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です