M言語に慣れる_3回目~ダイナミックフィルタリング~

M言語は難しくない!】今回は、数式バーを編集して「ダイナミックフィルタリング」を行ってみましょう!。ここで言う「ダイナミックフィルタリング」とはフィルタリングの値を固定せず、元データの追加や修正に応じてフィルタリングの値を自動で変動させていくものです。

例えば、受注金額・全体の「最高値」などは毎月、変動していくはずです

 ダイナミックフィルタリングでは、例えば「全体最高値」の半額未満だった担当者のリストを、毎月自動で抽出を行えるようにします

 今回のダイナミックフィルタリングを行うにあたっては、M言語を一から作成するといったことはしません

 あくまで、Power Queryエディタ(以降エディタ)にて、既に数式バーに記録されているM言語を修正するだけです

マクロ作成で言えば、記録マクロ修正するような内容です

記録されているM言語を修正するだけでも、かなりの内容が行えることを肌で感じて頂ければ幸いです!

目次

今回のポイント

今回使用するデータと行いたいこと

演習1/受注金額1位の担当者を抽出

演習2/最高値の半分未満の担当者抽出

<まとめ>

今回のポイント

ステップ名変更

実は、エディタのステップ名は自分好みに修正していけます

今回の内容とは直接関係ないですが、ステップ名を変更していけると、後々、M言語の管理がとても楽になります

参照ステップ

 前々回、ステップをスキップして参照することで「参照ステップ」を作成しました

前々回は平均値を参照しましたが、今回は「最高値」を参照します

 クエリを更新する毎に、参照ステップの「最高値」も更新してフィルタリングの値とします

数式バーへの参照ステップ組み入れ

一度、数式バーにてダミー値でフィルタリングを行います

ダミーで設定をした箇所に、前述の参照ステップを組み入れます

今回使用するデータと行いたいこと

今回は次のデータを使用します

演習データ

担当者別に受注金額を管理する表です

 こちらの表の中味が変更になっても、「最高受注金額」の担当者や「最高受注金額の半分未満」の担当者のリストを自動で抽出できるようにします

演習の中で、こちらの表にデータを新たに追加したりします

今回のポイントと使用するデータを確認したところで、本格的な演習に入ります!

演習1/受注金額1位の担当者を抽出

ステップ名を変更

まず、表をテーブル化してエディタを開きます

表の上で次の画像のように右クリックし、「テーブルまたは範囲からデータを取得」をクリックします

エディタが開いたら、「今回のポイント」で前述したステップ名の変更を行います

下の画像の「変更された型」を「DATA」に変更しましょう

クエリ名を変更するのと同じ要領でステップ名も変更できます

「変更された型」の上でF2キーを押せば、下のGIF画像のようにステップ名を変更することができます

ステップ名を変更

なお、前ステップを参照する時に「#”前ステップ名”」と自動的に表示される時があります

この点は後述します

以降は有料ページ/課金サービスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です