【パワークエリ・チャレンジ】1列のデータから複数列のテーブルデータを作成する

【割り算の余りの算出とピボット機能をうまく使ってVBAと同等の処理を行ってみましょう】

今回は下の画像のように1列のデータから、画像右側のようなテーブルデータを作成してみます

ポイント

ポイントは1列のデータの中で、何行目を何列目にするのかを明確にすることです

「何行目を何列目」にするかが分かれば、実はピボット機能(ピボット解除の逆)で簡単にテーブル化が行えます

インデックス列の追加と余りの計算

解説はエディタからはじめさせて頂きます

1列のデータをテーブル化してエディタを開いたら、空白をフィルターで取り除いた後に、下の画像のようにインデックス列を追加します

その後に「何行目を何列目にするか?」の印を作るために「インデックス列」を3で割り、余りを算出します

****** Sponsered Link ******

これだけ知っていれば大丈夫!プログラミング入門以前の基礎知識 3,755人の受講生、点数4.2

****************************

上の画像にて黄色の箇所をクリックした後、開いた画面で3を指定します

すると次の画像のような列が追加されます

引き算の追加

このままピボットをすると次の画像のようになります

空欄が混じってしまい、テーブルデータとしての規則性がありません

ですので、上の画像の「インデックス列」の代わりに3行毎集約するキーが必要になります

今回は、インデックス列から剰余の列を引くことで、下の画像のように集約キーを作成します

この引き算の処理により山田さんから始まる3行はに、木村さんから始まる行はに集約されます

引き算は余りの計算と同じ「標準」で行います

ピボット処理

では集約キーができたので、ピボット処理にて剰余の列の内容を列名になるようにします

このピボット処理は、「剰余列」を選択した上で、変換タブから行います

 列のピボットをクリックしたら、値列は列1の内容になるように指定してください

 そして、「詳細設定オプションにて」上の画像のように「集計しない」を指定してください

これで列名を変更して、無駄な列を削除したら完成です

<まとめ>

今回は、意外な方法で1列のデータから複数列のテーブルデータを作成しました

改めてPower Queryのピボットなどの機能は素晴らしいと感じました

 今回のケースは特殊であり、実際の使用機会はあまり想像がつかないですが、データ整形の際には断片的に活用できる機会も多いかと思います

ぜひ一度チャレンジしてみてください

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です