Power Queryって何??~時刻を曜日と日付に変換

 今回は、関数を使用せずにyyyy/mm/dd hh:mm形式の時刻データから「日付」と「曜日」データを作成する方法を紹介します

日付と曜日データは更に、両者を組み合わせて新たな列を作成します

 今回紹介する方法は、直感的なクリック操作のみで終了しますのでとても簡単です!

 解説は、次の画像のデータをPower Queryエディタ(以降、エディタ)に読込んだところからはじめます!

1.日付データの追加

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

勤務開始時刻列を選択した後に「列の追加」タブで「日」をクリックします

そうすると、次の画像のように「日」の列が新たにできます

ちなみに「日付のみ」をクリックすると、yyyy/mm/dd形式になります

2.曜日データの追加

まずは勤務開始時刻列を選択します

①と同じ画面ですが、今度は「日」より下の「曜日名」をクリックします

すると次の画像のように「曜日」が新しい列に出力されます

3.日付と曜日の組み合わせ

こちらは1.と2.の列を組み合わせる「列のマージ」処理を行います

こちらのメニューも「列の追加」タブにあります

「列のマージ」をクリックすると次の画像の画面が開きます

こちらの画面で3つ指定します

・区切り記号➡カスタム記号

・カスタム記号➡「 日 /」(2段目の欄です)

・新しい列名➡日付/曜日

3つ指定したら右下のOKボタンを押します

<まとめ>

今回は時刻データから日付データと曜日データを作成する方法を解説しました

本来は関数が必要な処理をクリック操作でできるので、とても便利です

 後、「列のマージ」もデータ整理(データクリーニング)に使えますのでこちらもぜひ活用してください

今回は以上です

最後までこの記事をお読みくださいありがとうございました

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です