【パワークエリ・チャレンジ】行ではなく、列方向でフィルター・置き換えを行う方法

【列方向ではフィルターは行えないと思っていませんか?実は3クリックをプラスすれば可能です】

Power Queryエディタ画面にて、空欄だけの列は処理したくない・と思ったことはありませんか?

実は「ヘッダーの上げ下げ」と「行列の入れ替え」を組み合わせれば可能です

上記のGIF画像では、空欄になっている「」「」の列をフィルターしています

ポイント

一番重要なのは2回にわたる「行列の入れ替え」です

行列を入れ替えれば、列方向のデータを行方向に変換できます

フィルター処理をした後は再度、行列を入れ替えます

処理の実際

****** Sponsered Link ******

これだけ知っていれば大丈夫!プログラミング入門以前の基礎知識 3,755人の受講生、点数4.2

****************************

行列を入れ替える前にまずは「ヘッダー行」を下げておきます

ヘッダー行を下げておくことで、見出しも2回にわたる行列入れ替え操作の対象となります

行列を入れ替えた後にフィルター処理により空欄行を除きます

フィルター処理をした後は、再度行列を入れ替えます

そのままだと、ヘッダーに本来配置されるべき列名が反映されていません

ですので、1行目をヘッダーに上げます

そうすれば完成です

<まとめ>

一見、列方向ではフィルター処理ができないように思えますが「行列入れ替え」処理を組み合わせれば実は簡単です

列フィルターが行えるだけで特殊なデータ整理が行えるようになります

今回紹介したのは空欄のフィルタでしたが、列名の置き換えなども一括で行えます

ぜひ実際に手を動かして試してみてください

最後に、ヘッダーの上げ下げを組み合わせることだけは忘れないようにしましょう!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です