RPA導入日記~平均の恐ろしさ~

私の場合、RPAの導入のきっかけは、よくある「全社にRPAを導入してみよう」の類ではない

実際に困っていた部署があったからだ。

どう困っていたか??

それは○○の類の業務ならこの位のスキルの人を入れておけば良いという思い込みに起因する。

どんどん人が辞めていくので、「たまたまスキルが低かった」

皆、簡単に結論づけてしまっていたが、実際に業務を体験してみると結してそんな事はない

****ブログ著者のガッツセミナー****

グラフxアニメーションで、数字を語れるスライドを作成するレッスン

開催日時のリクエストは柔軟に受け付けます!

***************

ではスキルの高い人を入れようとしても現実的には予算やスキルの高い人の志向などを考えると無理がある

そこでRPAを導入しようとなるが、ここでまた問題が起こる

基本的に人が難しいことをRPAにやらせるのは無理だからだ

ここで一番言いたいことだが

とにかくRPAを作って動かしてみることだ

実際に動かしてみることで人間が行っていた業務の流れを変えるヒントに気づくことだ

最初に作るRPAはどうしても人間のコピーになるが、動かして見るとインピスレーションが沸く

ここからがRPAの醍醐味だと思う

~続く~

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です