SORT関数&列並べ替え

 前回は1つの関数に対して複数の出力がある関数(ダイナミック関数)として、FILTER関数を紹介しました

 今回は、同じようにダイナミック関数のひとつである、SORT関数を紹介します

 エクセルで大量のデータを扱う時に、注意しなくてはいけないことの一つが並べ替えです

 間違って並び替えると、列間で食い違いが生じて大規模なミスにつながります。SORT関数では並べ替えのキーが複数あっても、正確に且つ、簡単に並べ替えの処理が行えます

 加えて、SORT関数では列の並べ替えが行えるのがいいです。以前、列フィルター機能を紹介しましたが、従来のエクセルでは列の扱いが困難だったのです

では、今回は、SORT関数の概要だけ紹介します!

1.複数の条件による並び替え

=SORT(並び替え範囲,{列位置,列位置・・・},{並び替え方法,並び替え方・・・})

 並び替え範囲を指定した後、列の位置(例:{2,3})を指定して、更に対応する条件毎に並べ替え方法を指定します(例:{1,-1})

ここで1、-1とは1が昇順、-1が降順になります

実際の例として、以下の表を地域、売上金額(降順)で並び変えてみます

数式は以下になります

2.列の並び替え

 エクセルは行フィルター機能があるのが便利なのですが、業務によっては在庫表のようなクロス表形式で作業することがあり、列の並び替え機能もあると便利だとは思っていました

 列の並び替えを指定する場合には、4つ目の引数【列方向で並び替えを行う】をTRUEで指定する必要があります

 但し、列の並び替えができるといっても元データ自体を並び替えできるわけではないので、利用機会を増やすには、別シートで並び変えた内容を編集して表示するなど、もう一工夫が必要そうですね

 ちなみに、FILTER関数と同じく#による出力データの再利用は行えます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です