【裏技】1列のデータを複数列に展開する

今回は、エクセルの特質を利用した裏技を紹介します!

下の図のように、1列にデータが規則的に並んでいるとします

この1列のデータを見やすいように複数列に展開します

この展開作業には関数やマクロは使用しません。エクセルの特徴を利用するだけです

1.セルの位置を2行だけ展開する

****ブログ著者のガッツセミナー****

パワーポイントの標準機能を使い倒して伝わるグラフを作成するレッスン

開催日時のリクエストは柔軟に受け付けます!

***************

セル位置を、見出しの下に2行だけ記入していきます

「=」から始まる数式で記入しないのがポイントです

2.複数行をカーソルで指定して下にドラッグする

1.でセル位置を記入した2行をドラッグし、下にドラッグします

実は、この時点できちんと各セルの「セル位置」の指定がパターン化されています

3.「セル位置」を「=」で置換

ショートカットキー:Ctrl+Fにて置換え画面を立ち上げましょう!

置換を次のように実行しましょう

「セル位置」⇒「=」

すると2でパターン化された「セル位置」の指定に従って数式が展開されます

ちなみに、指定範囲の書式は「#,###」で指定してあります

この指定を行っておかないと、空欄を指定した数式が0を返します

試しに、参照もとの1列にデータを追加してみましょう!

0ではなく、追加された値を反映します

<まとめ>

 今回は、文字列をパターン化してコピーしたものを、後から=で置き換えることとにより、1列のデータを規則正しく複数列に展開しました

 日常業務で使う場面が多いテクニックだとは思いませんが、「エクセルは工夫次第で様々なことができる」と感じて頂ければ幸いです

長文を最後まで読んで頂きまことにありがとうございました

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

***Sponsered Link****

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です