エクセルなのに・検索付きリスト_2/2

今回は、検索付きリストの具体的な作成方法を紹介します

作成するには、3つの手順を踏みます

ちなに、VBAは一切使いません!

➀検索文字を作成

リストに入力された文字から検索文字を作成する

➁候補データの作成する

****ブログ著者のガッツセミナー****

グラフxアニメーションで、数字を語れるスライドを作成するレッスン

開催日時のリクエストは柔軟に受け付けます!

***************

検索文字をもとにして、リストデータから候補データを作成する

③候補データの表示

②で作成した候補データをリスト表示します

上の①~③をエクセルシート上で表すと、次の画像の通りとなります

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 3-1.jpg

上の画像の中で、最もポイントとなるのはです!

ここで、エクセルの新機能である、1セルに出力範囲が収まらない関数を使用します!

では、ここから詳細な解説を開始します

➀検索文字を作成

下の画像の通り、C1セルに「=E2」を入力し、リスト内の文字(E2セル)を、検索文字としてC1セルに抽出します

➁候補データを作成する

この続きをみるには120円が必要です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です