関数で比率をN:N形式で自動出力

GCDというエクセル関数をご存知でしょうか?

こちらの関数をもし知っているという方がいたら、とても通ですね!

今回は、このGCD関数を使用して「比率/N:N形式」を自動出力します

上のGIF画像では、700と2100の2つの値の比率「1:3」を自動出力しています

では、ポイントを絞ってこの比率の出力方法を解説します

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

前述のGCD関数とは、引数に指定した値間の最大公約数を算出する関数です

今回は、まずはGCD関数を使用して2つの値間の最大公約数を計算します

次に、算出した最大公約数で「値1」と「値2」を割ります

例えば、上の画像でケース2の値1は21なので、算出された最大公約数で割ると7になります

一方、値2の方は1になります

このように、各値を最大公約数で割れば比率が出力できるようになります

今の最大公約数を算出してから、比率を出力する過程を数式にすると、次の画像のようになります

結構、シンプルな数式で比率が出力できたと思います

ちなみに、今回使用したエクセルのバージョンは次の通りです

今回の解説は以上です

最後まで記事を読んで下さり、誠にありがとうございます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です