関数をマスターする10~順位付け関数~

今回は数字の順位付けを行う関数を解説します

これらの関数は意外な使い道があり、例えば以下の様なグラフでも活用しています(実は2つのグラフを組み合わせています:詳細

1.最大値(MAX関数関数)と最小値(MIN関数)を抽出する

   MAX関数・・・=MAX(参照範囲)、MIN関数・・・=MIN(参照範囲)

MAX関数
MIN関数

2.上の順位(LARGE関数)、下の順位(SMALL関数)で抽出する

  LARGE関数・・・=LARGE(参照範囲,順位)、

  SMALL関数・・・=SMALL(参照範囲,順位)

LARGE関数

SMALL関数

今回は以上です。サンプルファイルで実際に関数の動きを確認してみてください

次回はスパークラインについて解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です