関数をマスターする3~IF関数2~

今回は前回に引き続き、IF関数を解説します

繰返しになりますが、IF関数を覚えるとエクセル活用の仕方はだいぶ深くなりますので

しっかり取り組みましょう!

今回取り組む内容は以下です

①IF関数の中にIF関数を更に加えて、判断条件を複数組み合わせる

***【40代、50代歓迎】エクセルの学び直しを応援します!***

エクセルの進化を味方にして業務を効率化しましょう!

時間は30分/1,000円から!あなたの都合に合わせて相談になります!!平日の昼間も歓迎です! **********************************************************

②前回は判定条件にEXACT関数を入れたが、今回は直接、判断条件を入力する

この内容が出来れば、更にIF関数を有効に活用することができます

では前回と同じサンプルファイルを使用して取り組みましょう!

アイコン

関数1 560.58 KB 12 downloads

...
5

上記の画面で3つのセルの値が一致していたら、”全一致”を出力しましょう

一方、一つのセルのでも違っていたら”不一致”を出力しましょう

つまり、3つの値を比較しますが、最終的には全一致、不一致の2つに分けるのです

では2つのステップで完成させましょう

1.まずは1つ目のIF関数を作成しましょう!

B3セルとB4セルの内容が=(イコール)の時に”全一致”を出力しましょう

一方、それ以外の時には”不一致”を出力します

6

では次に考えるのは、ここから更に条件が分かれるのは次のどちらでしょう

”全一致”の場合

”不一致”の場合

少し立ち止まってから考えてみてから、次に進みましょう

2.2つめのIF関数を入力しましょう!

3つの値を比較しますが、最終的には全一致と不一致の二つに分かれます

ですから、1.で更に2つに分かれるのは全一致のケースです

それでは、場合分けをしながら、もう少し解説しましょう

●全一致のケース

①B3=B4 AND B4=B10

●不一致のケース

②B3<>B4 AND B4=B10

③B3=B4 AND B4<>B10

注)<>は不一致の意味

ここで1.のIF関数に当てはまると②のケースは既に不一致として出力されるようになっています

後は①と③の違いの判定です

ですから1.IF関数の”全一致”の出力には、③/B4セルとB10セルが不一致 のケースが一緒に組み込まれてしまっています

ですので、IF関数を入れて更に分岐させます

すると以下のような動きになります

GIF3

3つのセルが全て0になった時に「全一致」が出力されます

<まとめ>

今回はここで解説は終わりです

今回は、IF関数を複数組合わせて使うケースを解説しました

尚、IF関数内の条件の書き方については、「<」や「>」などの不等式も使えます

IF関数内で不等式も活用できると、更にIF関数を有効活用できます

では、また次回!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です