VLOOKUP関数とIF関数だけを使い倒す#2

 

【問題】

IF関数を使用して、重複している会員NOからユニーク(重複していない)な会員番号の個数と会員番号を抽出する

*会員番号の個数はステータスバー(エクセル画面の下)で確認するものとする

キャプチャ#2_4 キャプチャ#2_5

 

【回答】

”値が重複している”、ということは値を昇順、もしくは降順で並べ替えると重複している価は”塊”で現れます。この性質を活かして3つのステップで重複しない値を”カウント”、”抽出”します

1.会員NOを並べ替え

2.IF関数を使用し、1行上と”一致していない”場合は1を出力する(逆に1値している場合は0を出力する)

3.IF関数を入力した列にカーソルを置く(ステータスバーでカウント)、フィルターで1のみを抽出(抽出)

*1の合計は自働的に該当する値の個数になります

キャプチャ#2_1

ちなみに下の画像のように合計がエクセル画面下に表示されない時には右クリックして合計にチェックを入れましょう

キャプチャ#2_2 キャプチャ#2_3

サンプルファイルで実際に確認したい人は以下↓をダウンロードしてください

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です