カテゴリー別アーカイブ: エクセルダッシュボード基礎技術

フォームコントロール

 エクセルダッシュボードの魅力の一つに、画面を固定したまま、表示内容を切り替えられる点が挙げられます。

表示を切り替える際、画面をスクロールしたり、カーソルを移動する必要はありません。その表示内容を変える手法の一つが、今回紹介するフォームコントロールです。

 例えば、下のスマホのようなダッシュボードですが、スクロールバーを動かすと、表示する行が変動していきます。

今回は、このフォームコントロールについて解説していきます!

ちなみに、今回はスクロールバーに絞っての解説です。スクロールバーを動かして、出力される値を変動させるところまでを行いましょう。

1.準備

 フォームコントロールを設定するには、実は準備が必要です。

自身のエクセルに”開発タブ”はありますでしょうか?

もし、なければ以下の画面で追加をお願いします。

 以下の画面は、ファイルタブ ⇒ オプションで表示できます


2.スクロールバーをシート内にドラッグ

開発タブが設定されたら、”挿入”をクリックしましょう!


次に、表示されたボタンの中から、スクロールバーを選択し、シート内にドラッグしましょう!

スクロールバーの①向き、②大きさ、を意図した通りに設定するには、コツがあります

エクセルシート内で、意図した向き、大きさになるように、カーソルを動かしましょう!そうすれば、うまく設定できます。

3.出力する値を設定する

今度は、設定したスクロールバーの上で右クリックします

すると、”コントロールの書式設定”が表示されます

そしたら、次のように表示されます

色々と項目が表示されましたが、一番、重要なのは、下にある”リンクするセル”です

”リンクするセル”の右にある、↑をクリックしてください

すると、出力される値の位置を指定できるようになります

そして、スクロールバーを動かすと、セルE6に出力される値も変動します

<まとめ>

 フォームコントロールを覚えると、直感的な操作で、表示内容を変えらえるようになります。

 実際にフォームコントロールを使う場面では、出力される値と関数などを連動させて表示内容を変えていきます。

 後、フォームコントロールから出力される値の①範囲、②増分(棒の上、下を押した時の増加幅)の設定については、3のコントロール書式設定で詳細に設定できます。ご自身で、色々と設定値を変えてみて、動き方の違いを体感してみてください!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

カメラ機能について2

前回はカメラ機能の設定の仕方と基本的な使用方法を解説しました

今回は、更にカメラ機能を有効に使いこなす為に、カメラ機能で映した画像を修正・加工する方法を解説します

1.画像をトリミングする

カメラ機能で映した画像に不要な部分があったらトリミングをして取り除きましょう

➀カメラ機能で映した画像にカーソルを置きトリミングをクリック

”トリミング”は書式のタブにあります

②黒いマークを適切な位置に設定する

黒いマークが4つ画像を囲むように表示されるので、マークを適切に位置に調整します

黒いマークで囲まれた範囲が最終的な画像になります

2.画像を修正する

➀枠線を消す

トリミングした後、枠線が残っているケースがあります

その時には書式から図の枠線を選択します

そして、”枠線なし”を選びます

するときれいに枠線が消えています



②スタイル自体を変える

更に書式タブの以下箇所から様々なスタイルを選択することもできます

<最後に>

いかがでしたでしょうか?2回にわたってカメラ機能を解説してきました。ダッシュボードでなくても画像を他のシートなどの映す機会があると思いますので、ぜひ活用してみてください

次回はエクセル画面上でスクロールバー等を動かす、フォームコントロールの技術について解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

タイムライン&スライサー2

前回はタイムラインを使用して、ピボットテーブルの切り口を時系列で変える方法を解説しました

今回は時間の切り口以外を変える”スライサー”について解説します

スライサーの作成の仕方自体はとても簡単です。ピボットテーブル上にカーソルを置いたまま挿入タブから”スライサー”をクリックし、集計の切り口を選択するだけです

今回はデザインの変え方を中心に解説します

1.並び順を縦から横に変える

スライサーを作成すると、基本的には縦にデータが並びます

この並び方の方向を変えるにはエクセル画面上のタブからの操作が必要です

上の画像の列数を必要な分だけ足します

例えば、上の画像の列数1から3に変えます

すると、横に3列並ぶようになります

並び順の調整自体(上の画像例なら大阪、東京、名古屋に並び変えるなど)は過去記事をご確認下さい

2.ヘッダーの表示そのものを非表示にする

見出しや複数選択、選択リセットなどで答え構成されるヘッダー部分を非表示にしたいという場合もあります

その時にはエクセル画面上ではなく、スライサーのを右クリックしてから行います

表示された”スライサーの表示設定”をクリックしてください

ヘッダーの表示部分にチェックが入っているので、チェックを外しましょう

すると以下の様にヘッダーの表示がなくなっているはずです

3.色も含めて、デザイン設定自体をカスタマイズする

これはちょっと複雑で3段階の処理になります

➀既存のデザインを複製もしくは新しいデザインを選択する

②立ち上がった画面からデザインをカスタマイズする

③更に設定したデザインを選択する

ここがどうしても抜けやすくなります。ユーザー設定の箇所に新たなデザインが反映されていますので、ここから新たなデザインを選択してください

<最後に>

時々、スライサー上に不明なデータが反映されていることがあります

その時には右クリック⇒スライサーの設定をクリックしてから、右下の”データのないアイテムを非表示にする”にチェックを入れましょう

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

タイムライン&スライサー

ピボットテーブルはエクセルの重要スキルの一つです

この機能を使いこなせば集計は様々な切り口で行えます

但し、集計の切り口を瞬時に切り替えるのは少々面倒です

実はエクセルには”タイムライン”と”スライサー”という機能があり、この2つを使えば、瞬時に集計の切り口を変えられるようになります。そして何よりエクセル画面の見た目がとても楽しいものになります

今回はタイムラインについて解説します

************************************

1.挿入タブからタイムラインをクリック

ピボットテーブルの上にカーソルを置いて、挿入タブからタイムラインをクリックするだけでタイムラインが表示されます

2.集計単位を変える

右上のボタンをクリックしていけば、時間の集計単位が変わります!

3.デザインをカスタマイズする

自分なりのデザインに変えたいという方は、タイムラインの上にカーソルを置いたままオプションボタンをクリックして下さい(直接タイムライン上からデザインは変えられません)

ここからデザインを変えるには2つ方法があります

➀既存のデザインを選ぶ

②①以外

新しいスタイルを選ぶか?もしくは既存のスタイルを複製してからカスタマイズする方法があります

上のいずれかを選択すると変更画面が出てきます

上の画面で変更を行った後は自分でカスタマイズしたスタイルを選択します(ここが一番ややこしいです)

************************************

いかがでしたでしょうか?

3のデザインのカスタマイズ以外は簡単だったと思います

タイムラインを使うことで、集計の切り口を変える作業が楽になるだけでなく、何より見た目が楽しくなります。ぜひ積極的に活用してみてください

次回はスライサーについて解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

条件付き書式2

前回は条件付き書式を使ってセルの中にグラフを作成する方法について解説しました

今回はセルの値に応じてグラフィックなアイコンを表示する方法を解説します

1~6まで順に作業していきましょう!

1.アイコンを表示する範囲を選択しておく

2.条件付き書式リボンをクリックして、”新しいルール”を選択する

3.書式スタイルから”アイコン”を選択する

4.アイコンスタイルを指定する

実に色々な種類がありますが、今回は信号を選択します

5.値範囲を設定しましょう

*種類を数値にしておくのを忘れないようにしましょう!

6.アイコンのみ表示にチェックを入れましょう!

これで完成です!

アイコンの種類は信号以外にも様々なものがあります

ぜひ色々と試してみてください!

次回からはタイムライン&スライサーについて解説していきます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

条件付き書式1

条件書式はエクセル表などで、ある閾値を超えたら色を変えるなど、セルの値を引き立たせる目的でよく使用されていると思いますが、もっとグラフィックに使う方法がありますので、2つの手法を紹介したいと思います

1.グラフのように活用する

2.アイコンを表示する

今回は1の”グラフのように活用する”だけを紹介します

1.グラフのように活用する

下のような一連のデータをグラフ機能を使わずにグラフと同じ様な表示にします

➀該当範囲にカーソルを置いたまま条件付き書式リボンで”新ルール”をクリック

②ルール設定画面で種類を”データバー”に指定する

設定条件が”セルの値に基づいてすべてのセルを書式設定”になっているのも確認する

③負の値と軸を指定する

上の画像をクリックした後に負の軸を”セルの中間”に設定する

③”棒のみ表示”にチェックを入れる

上記の①~③を行うと以下のようにグラフのような表示になっているはずです

今回の解説は以上です

次回はアイコンを表示する方法について解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

スパークライン2~軸調整・勝敗~

前回はスパークラインを折れ線・縦棒の2種類で作成し、マーカーを山と谷に付けるところまで行わないました。

実は前回の方法でスパークラインを作成した場合には2点の課題が生まれてきます

Ⅰ.複数スパーラインある場合、山をマーカーで見せることにより、他のスパークラインと比較した場合、実際の値より数値が高いように見えてしまうことがある

Ⅱ.縦棒の場合、折れ線と比べると谷がとても見えにくくなってしまう(データが全て正の場合)

今回はこの2点を踏まえて、1.軸の調性、2.勝敗スパークラインについて解説します

1.軸の調性

複数のスパークラインを同じ基準で見れるようにするには、軸を調整する必要があります。スパークラインの場合には前回も言及しましたが、グループ単位で処理が行えますが、軸の調整は最少値と最大値、それぞれで行う必要があります

調整方法は3種類ありますが、複数のスパークラインを一括でユーザー設定するのが一番良いとは思います

軸を調整すると下の画像のように複数のスパークラインで比較が行いやすくなります

但し、軸を調整するかどうかはあくまでケース・バイ・ケースである点を付け加えておきます。軸を調整しない方が個別では数字の上げ下げが見やすいのは事実ですので

2.勝敗スパークライン

作り方は折れ線・縦棒と一緒です。但し、データは負の値も混じっているデータでないとあまり意味がありません

ちなみに上の画像では勝敗、縦棒スパークラインとも負の値はマーカーの色が変わっています。好みに応じて変えることもできます

後、下の画像のように勝敗スパークラインでも山と谷が指定できます

随分とカラフルになってしまいましたが、予実績の対比など、データに負の値が混じる場合には勝敗スパークラインの方がシンプルに数字の上下動を掴めるケースもあるかもしれません

ではまた次回のテーマでお会いしましょう!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ


にほんブログ村

スパークライン~折れ線・縦棒~

スパークラインという機能はあまり馴染みがないと思いますが、分析・プレゼンに十分活用できます。見た目はグラフと一緒ですが、関数と同じ感覚でセル内に手軽に作成できて、大量に並べて比較できる点が違います

一番効果が出やすいのが、下のような数字が詰め込まれた表を視覚的にする時です。

上の画像の表は実際には30日まであります。表が細かすぎて、一目では何も掴めません。ではスパークラインにするとどうなるでしょう?

少なくとも商品別や日別で特徴みたいなものは見えてきそうな気がしてきたのではないかと思います。ぜひ下のサンプルをダウンロードして実際に見てみてください[

1.取り合えずスパークラインを作成してみる

 スパークラインの良さは関数と同じ感覚で、作成できるところです。グループ単位(複数のセル)でも作成できてしまいます。

 まずは作成したい複数セルにカーソルを置きましょう。


挿入タブからスパークラインの折れ線をクリックしましょう

するとスパークラインの基となるデータを指定できるようになります。

ちなみに、一つのスパークラインに対して複数行のデータは指定できないようになっています。もし、指定元が10個あり、対応する範囲が10行の場合はOKです。これが10個に対して11行とかになるとエラーになってしまいます

縦棒の方も同じように作成することができます

2、山(最大値)と谷を指定する

スパークラインではグラフと違って山と谷を指定することができます。この機能を使えば、上昇傾向や下降傾向などの”数時の動きの特徴”がより掴みやすくなります

スパークライン上にカーソルを置いてデザインタブをクリックします。すると以下のチェックボックスが出てきます

両方クリックして見てください

山の箇所と谷の箇所のマーカーが変わります

上の画像のように谷だけ色を変えたい場合には以下の箇所を修正します

では次回、更にスパークラインを深堀していきます

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

関数をマスターする10~順位付け関数~

今回は数字の順位付けを行う関数を解説します

これらの関数は意外な使い道があり、例えば以下の様なグラフでも活用しています(実は2つのグラフを組み合わせています:詳細

アイコン

順位付け関数 9.74 KB 5 downloads

...

1.最大値(MAX関数関数)と最小値(MIN関数)を抽出する

   MAX関数・・・=MAX(参照範囲)、MIN関数・・・=MIN(参照範囲)

MAX関数
MIN関数

2.上の順位(LARGE関数)、下の順位(SMALL関数)で抽出する

  LARGE関数・・・=LARGE(参照範囲,順位)、

  SMALL関数・・・=SMALL(参照範囲,順位)

LARGE関数

SMALL関数

今回は以上です。サンプルファイルで実際に関数の動きを確認してみてください

次回はスパークラインについて解説します

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村

関数をマスターする9~文字列操作関数・一式~

今回は文字列操作関連の関数を一式で解説します

一つ一つ覚えるより、組み合わせ方を覚えていくととても実践的な活用の仕方が可能になります

中でもMID関数、FIND関数、LEN関数の組み合わせは鉄板です

とにかく、”習うより慣れろ”を意識して取り組んでいきましょう!

1.氏名から空白を介して名前を抽出する

サンプルファイルに演習シートがあります。このシートでA列の氏名から名前を関数の組み合わせにて自動抽出します

➀LEFT関数、RIGHT関数

 本題に入る前にLEFT関数とRIGHT関数でウォーミングアップをしましょう

 対象の文字列の左、もしくは右側から指定した文字数を抽出します

  =LEFT(対象文字列,文字数)、=RIGHT(対象文字列,抽出文字数)

 ②MID関数

  ここから本題です

  対象の文字列の途中から文字を抽出します

   =MID(対象文字列,抽出開始位置,文字数)

  ちなみに木村と浩の間には空白が入っています

 ③FIND関数

  指定した文字の位置を見つけます。

   =FIND(検索文字列,検索対象文字)

   ちなみに、上のGIFでは空白の位置を見つけるのですが、全角

の空白を指定しておかないと、位置を抽出できないので注意が必要です

 ④LEN関数

  文字の長さを返してくれます

   =LEN(対象文字列)

 ⑤MID&FIND&LEN関数

   ②~④を組み合わせて空白を介して氏名から名前を抽出します

    STEP1:FIND関数で空白(全角)の位置を見つける

    STEP2:(LEN関数-FIND関数)で名前の長さを抽出する

    STEP3:STEP1、STEP2の値を使ってMID関数を作成する

2.桁区切りや小数点表示を指定する

TEXT関数を使って自由自在に指定できます

 =TEXT(対象文字列,書式)

以上です。いかがでしたか?関数の便利さを実感できたのでないでしょうか?

ではまた次回お会いしましょう!

にほんブログ村 資格ブログ ビジネススキルへ
にほんブログ村 IT技術ブログ VBAへ


にほんブログ村